ホーム和食 ≫ 美と健康に厳しい目を持つセレブがハマる和食。世界で和食がブームな理由とは?

美と健康に厳しい目を持つセレブがハマる和食。世界で和食がブームな理由とは?

20151106 和食

世界では和食が大人気です。10月31日までイタリア・ミラノで開かれていたミラノ万博は日本館が「展示デザイン」部門で金賞を受賞しました。日本館に入るまで8時間待ちだったそうです!

また、セレブと呼ばれる人たちにも和食ファンが多い。日本では和食離れが進んでいるなんて言われますが、海外ではハマる人が続出です。その理由はどこにあるのでしょう?

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

セレブと呼ばれる人たちは歌手やモデル、女優さんが多いですね。この職業の共通点は何でしょう?

共通点は自分が「商品」であること。体が資本、美が基本な大変タフなお仕事です。
太ってしまってはイメージが崩れてお仕事がなくなるかもしれない、健康を害してしまったりでは歌えない。
そのような人たちが和食を選んでいるのです。

選ぶ主な理由は3つ。
1 ヘルシー
2 おいしい
3 美しい


セレブが和食Loveな3つの理由


金銭的な意味で何でも選べる人たちが、和食を選ぶにはそれ相応の理由があります。3つ、ピックアップしてみました。

1 ヘルシーとの呼声が高い
日本人にはピンと来ないかもしれませんがアメリカの食事ってすごいのよ。砂糖と油と小麦粉と肉。フライドポテトが野菜と思っている位ですから。それに比べたら、例えとんかつでもずっとヘルシーに見えます。ましてやご飯に味噌汁の一汁三菜はゴールデンバランスなのです。
野菜発酵食品が多いので、典型的なアメリカンフードでは十分でない食物繊維もたっぷり。
栄養のバランスから健康と美容には和食、と認知されています。

ちなみにアメリカでは「ひじき」の人気があります。スーパーフードとしてサラダに加えたりして好まれています。
日本では地味なイメージですが、アメリカではスーパーフードですよ。

2 おいしい
いくらヘルシーでもまずかったら続きません。しかし日本食はおいしい。「え?外人さんにも?」と思われるかもしれませんが、フレンチ、イタリアンに続いておいしい料理に選ばれているのです。(旅行者によるアンケート)
純粋な和食だけでなく、ラーメンも人気。キアヌ・リーブスはラーメンおたくとして有名ですね。先日も来日した時にラーメン屋さんを訪れたとか。

3 美しい
セレブは美意識も高い。季節を彩り美しく盛りつけられた和食は、セレブの美意識にかなったのでしょう。
それもフォークではなくお箸を使って食べるのがエレガント。お箸を使って和食を楽しむことが米国では上流階級のステイタスとか。


和食が好きなセレブは誰?


実際にどなたが和食が好きなのか2名、あげてみますね。

マドンナ
まずはこの人でしょう。日本人シェフを招いてマクロビオティックを実践していた人ですから。
玄米に季節の野菜、味噌に海藻、豆腐など豆類をベースとした食事。自分の体の管理をかなりストイックに努力しているプロです。
健康的な鍛えられた体は、彼女の努力の賜物です。

ミランダ・カー
この人は美と健康にいいと言われることは全部実践しているのでは?と思うほど。
ココナッツオイルコールドプレスジュースなど、必ずと言っていいほど名前がでてきます。よい物は取り入れるという姿勢なのでしょうね。
和食もヘルシーですから、ちゃんとチェックして実践しているようです。
驚くのは梅干しが大好きだということ!梅干しの効用はさまざまありますが、そこをわかるとはさすがです。(個人的にはとてもキュートで好きなモデルさん☆)

他にも和食ファンは、ビクトリア・ベッカム(腹八分を信条としている。素晴らしい)、パリス・ヒルトン、トム・クルーズ(この人もマクロビオティック実践者。シェフは日本人)などそうそうたるメンバーが名を連ねます。


私たちにとって当たり前の和食の食材が、海外ではものすごく価値を感じてもらい評価されています。
体と美のためには努力を惜しまないストイックな人たちのニーズに応える能力が和食にはある、ということです。

それでも、和食の効果が一番でるのは日本人ではないかしら?なぜなら日本で生まれた料理、風土と体に合っているのだから。

これからの記事でヘルシー・ビューティーに効果のあるような自分で作れるメニューをご紹介していきたいと思っています。目指せ、内側から香り立つ日本美人!です(^^)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示