ホーム丁寧な食事 ≫ ガラスの器に使って。トマトを涼しげに盛り付けるコツ。

ガラスの器に使って。トマトを涼しげに盛り付けるコツ。

entry_img_810



夏野菜の代表、トマト。

一年中、手に入りますが、やはり夏野菜なので今が一番おいしい。

そんなトマトの盛り付けの提案です。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

暑い時期は涼しげに盛り付けたいので、ガラスがおすすめです。

ガラスに合うのは、色鮮やかな食材。その点、トマトはピッタリです。
赤は透明なガラスに良く映えますから。

今回は、トマトと昨日の玉ねぎヴィネグレット・ドレッシングだけを使います。

材料としてはシンプルですね。

  • 1 グラスに盛り付ける
entry_img_810 

トマトを一口大に切った場合はグラスがおすすめです。

オードブル風の仕上げです。

最後にドレッシングをかけます。

盛り付けた時、美しく見えるようにトマトを入れていきます。

なんとなく雑に入れるよりも、自分なりに「この角度で入れたらきれいかな?」と自問しながら入れるだけで、いつもよりもグレードアップした仕上がりになります。


  • 2 ガラスの平皿に盛り付ける
200725 トマト平皿 

平皿は舌の色が透けて見えるので、料理とクロスや下のお皿とのバランスを考えます。

シルバーははずれがない色。合わせやすいのでお勧めです。

大きめに切ったトマトを11時方向に斜めに置き並べました。

11時方向は和食でもよく使われる置き方です。
お寿司もこの方向に並べられていますよね。箸で取りやすい方向ですし、断面もきれいに見える置き方です。




今回はトッピングは使いませんでしたが、ここにグリーンのハーブを散らしたり、紫を散らしてもきれい。
またあらびき胡椒や、ピンクペッパーを取り入れても美しく見えますね。



スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示