ホームスイーツ ≫ プレゼントして喜んでもらえた手作りマフィンのBest3を発表しますね。

プレゼントして喜んでもらえた手作りマフィンのBest3を発表しますね。

20101020 マフィン

あんずの個人的好みのマフィンBest3です。
あなたのお好きなマフィンはありますか?
レシピの分量と注意点も書き添えてご紹介します☆

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

マフィンはあたたかい感じのするお菓子。プロフェッショナルのパティシエのデザートではなく、お姉さんの作るホームメイドのおやつかな?
休日の午後にのんび~り過ごすにはデザートよりおやつがふさわしいと思います。
秋の穏やかな日にお外にお茶とマフィンと敷物を持って出かけるのも楽しい。

マフィンの基本的な作り方はこちらをご覧ください。⇒ とっても簡単!シンプルマフィンを手作りして、至福のティータイムを。

クランブルの作り方はこちらにアップしています。⇒ 手作りマフィンをもっとかわいらしく仕上げる方法をお伝えします。この連休に手作りしてはいかが?


マフィンを焼く時の注意点


マフィンの注意点を5つあげてみますね。ちょっとしたことですが、出来上がりに差がでますよ。

・粉をふるう
小麦粉の固まりがあると、焼いた時に残ってしまいます。割ったら小麦粉の固まりが出てくるので、しっかりふるうか泡立て器でよく混ぜます。

・しっかり混ぜる
これは卵を使わないヴィーガンタイプのマフィンの場合です。
粉が見えなくなるまでしっかり混ぜます。卵を使わないので気泡をつぶすことはありません。逆にしっかり混ぜないとベーキングパウダーが均一に分散しません。

・混ぜたら早めにオーブンへ
生地がだれてしまう前に、早めにオーブンへ。

・生地を入れ過ぎない
型の9分目程度に生地を入れます。マッシュルームの形にしたいのであればめいいっぱいにいれてもいいです。ただマフィン型の紙カップを使うのでしたら一体型(トップの写真の奥にあるような長方形に丸の型)と違い横に広がるスペースがないので8~9割にします。

・オーブンによって焼き時間は違う
あんずのオーブンでは170度で15~18分、様子を見ながら焼いています。
お持ちのオーブンによっても違うので、温度をあげる、時間を増やす、を調整してください。クシを刺して生地がついてこなければ焼き上がりです。


好評だった&個人的好みのマフィンBest3


それではあんず個人的ベスト3を発表します(^^) お友達にプレゼントして好評だったもの、個人的に好きな物を選んでみました。

Best3 基本とも言えるマフィンの王道 ブルーベリーマフィン


アメリカのマフィンといったらブルーベリーマフィン。ブルーベリーがたくさん取れるからでしょうね。日本でも近年では国内産のブルーベリーも増えました。収穫の時期は初夏ですので冷凍しておけばいつでも作れます。

20151009 マフィン

材料
<A>
薄力粉・・・75g
アーモンドプードル・・25g
キビ糖・・・30g
アルミフリーベーキングパウダー・・4g
塩・・・・・ひとつまみ

<B>
豆乳・・・・70g
レモン汁・・5g
菜種油・・・30g

ブルーベリー・・・適量

*ブルーベリーは生地に混ぜますが、表面に出したい時は、型に入れてから上にのせて指で押し込んで見えるようにします。
*クランブルをトッピングしても。

Best2 定番!のバナナマフィン

黒いスポットで出る頃のバナナを使いたい。レモン、オレンジの絞り汁を焼きこんだ一品。

20151101 バナナマフィン

材料
<A>
薄力粉・・・80g
アーモンドプードル・・20g
キビ糖・・・30g
アルミフリーベーキングパウダー・・6g
塩・・・・・ひとつまみ

<B>
豆乳・・・・30g
菜種油・・・30g

<C>
バナナ・・・1本(100g位)
みかん搾り汁・20g

*バナナはつぶしてみかん汁とよく混ぜて。<A>と<B>を混ぜた後に<C>を加えます。

Best1 秋冬のおいしい食材をつめこんで アップル&スイートポテトマフィン


コトコト煮込んだりんごに、じっくり火を通した焼き芋をフィリングにしたマフィン

20151030 マフィン


材料
<A>
薄力粉・・・75g
アーモンドプードル・・25g
キビ糖・・・30g
アルミフリーベーキングパウダー・・4g
塩・・・・・ひとつまみ

<B>
豆乳・・・・60~70g
レモン汁・・5g
菜種油・・・30g

<C>
りんごの蒸し煮・・・大さじ1
焼き芋のさいの目切り・適量

りんごの蒸し煮の作り方はこちらをご覧ください。⇒ 今年はじめての紅玉を使ってのシンプルレシピ。バーミキュラで作る蒸し煮りんご。


*りんごの蒸し煮の水分にもよりますので豆乳はある程度入れて、最後に調整します。

ただ全部混ぜるだけではないので、レシピを書いておきますね。

1 <A>をふるう。<B>は豆乳50gと残りの材料をよく混ぜる。
2 <A>と<B>をよく混ぜて、りんごの蒸し煮を加えて混ぜる。
3 残りの豆乳を生地の様子を見て加える。持ち上げていやいや落ちる固さにする。
4 焼き芋を入れる。


いかがでしょうか?お好きなマフィンはありましたか?シンプルなお菓子は一度作り始めると、次々作れるようになります。中身を変えて、粉を変えて、など自分好みのマフィンが作れるようになります。プレゼントできるようになるのは時間はかかりませんよ。(^^)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示