ホーム丁寧な食事 ≫ 今年はじめての紅玉を使ってのシンプルレシピ。バーミキュラで作る蒸し煮りんご。

今年はじめての紅玉を使ってのシンプルレシピ。バーミキュラで作る蒸し煮りんご。

20151030 りんご

今年はじめての紅玉
他のりんごより酸味が強くてこぶりなりんご。
お店で見つけた瞬間に心が踊りました。

小さい赤い実に冬の訪れを感じつつ、紅玉でなにを作ろうか?
楽しい思案の時です。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

今年はじめての紅玉なので、まずはシンプルにりんごの味を楽しみたい。
そう思って作ったのが、無水鍋を使った紅玉の蒸し煮。

蒸し煮はマクロビオティックでよく使う手法で、素材のうま味をじっくり引き出す方法です。
スープを作る時も最初に玉ねぎをひとつまみの塩と少量の水で柔らかく蒸し煮してから作ると、うまみと深みがでるのです。

塩で素材の中から水分を抽出して蒸し煮をするのですが、りんごは塩よりレモンを使いたい。
色の変化も防いでくれるし、りんごの甘さを引き出してくれるから。

庭にはレモンがちょうどありますので、早速レモンを1つ取ってきて使います。
庭から摘んですぐ使える、この贅沢感はいつも幸せな気分にしてくれます。(^^)

20151030 りんご 完成
摘みたてレモンなのでとってもフレッシュ☆

使う鍋は世界に誇るメイドインジャパンのバーミキュラ。無水で蒸し煮をするには最適なお鍋です。


作り方はとてもシンプル、ゆっくり煮ていくだけのレシピなのですよ。
くし型にきった紅玉を入れて、絞ったレモンを混ぜて弱火で20分ほどコトコト煮ます。途中レーズンを入れるのが好み。
煮上がった時にレーズンがりんごの水分を吸ってふっくらしますし、甘味と酸味が混じった程よい味になるのですよね。
20151030 りんご蒸し煮

まずはシンプルにそのまま紅玉をいただきます。(^^)
さんみが口に広がって、その後のレーズンの甘味がほどよい感じに堪能できます。

紅玉の蒸し煮はそのまま食べてもいいのですが、アップルパイにも使えるお役立ちな常備菜ですよ。
蒸し煮を使ってなにを作ろうか、楽しみは広がります。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示