ホーム常備菜 ≫ 常備菜マリネ2品。

常備菜マリネ2品。

180207 マリネ


お茶の先生から

「明日のお稽古にマリアちゃんがくるの。だからランチを皆さんでご一緒しましょう。ついては一人一品持ち寄りで(^^)」とのメッセージ。

なので急きょ、常備菜でもよく作る2品を持参しました。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

お茶の先生は翻訳家でもあり、海外にお詳しい。その関係で海外からの留学生をホームステイ先として受け入れています。

以前、ホームステイしていたカザフスタンのマリアさんが帰国前にいらっしゃるとのこと。この日しかなくて、急きょランチ会になりました。

こういった時、お料理が苦手でないと対応できます。お料理に苦手意識があると、持ち寄りは精神的負担が大きい。他のお稽古仲間もお料理は得意な方なので、だから持ち寄りになったのでしょう。

さて、何を作ろうか?こんな時の基準は

・現地で作業が少ないこと。
・悪くならないもの。
・他の方とかぶらないようにする。

などです。(条件にもよりますが)

他の方は多分、和食系だろう。だし巻き卵もいいけど、かぶりそう。だったら焼き物、煮物よりも、すぐに出せるマリネがいいかな?

そういったステップを踏んで決まったのが

・冬ねぎのマリネ・ガーリック風味
・オレンジ系のマリネ

180207 常備菜 マリネ


ねぎはざっくりと3cmを四つ割り。
オリーブオイルでざっくりと炒めて、水と塩を加えて15分ほど蒸し煮。
最後にガーリックパウダーをふって完了。
いただく時にピンクペッパーをトッピングします。

もう一つはフルーツ系のマリネです。
オレンジ、紅芯大根、レーズンにオレンジの水分とアガベシロップを加えて混ぜて出来上がり。

シンプルですが、冬に明るい色はほっと灯りを灯すような感じになります。

こういった集まりは、買ったものでも楽しいは楽しい。でも手作りだとまた違ったランチ会になります。マリアさんも

「久しぶりに家庭のお料理をいただきました(^^)」と喜んでくれました。ずっと大学の寮だったので、おうちごはんを食べる機会はなかったそうです。改めて、おうちごはんの魅力を感じたランチ会でした。

*****

昨日の記事に「グラタンを作る時、豆乳を煮立てて分離しませんか?」との質問をいただきました。その回答として明日、私のやり方をアップしようと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示