ホーム常備菜 ≫ 常備菜にもなる冬野菜の和風ラタトゥイユ。

常備菜にもなる冬野菜の和風ラタトゥイユ。

180123 veg


ラタトゥイユはよく作るお料理ですが、今回は和風素材を使いました。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ラタトゥイユはトマト煮。夏場はフレッシュトマトを使って作りますが、冬場はトマト缶の濃厚さが素材と合うと思うのですよね。

使った食材ですが
・ごぼう
・にんじん
・れんこん
・大根
・まいたけ
・厚揚げ
・こんにゃく

です。

180123 lunch


夏場は、トマト、ズッキーニ、玉ねぎ、パプリカでしょうか?使う素材が違うので、作り方も多少変わってきます。

今回は和風ということなので、味付けに味噌を少々プラス。それから夏野菜に比べて野菜からでる水分が少ないので、水を足してコトコト煮ていきます。

煮始めは酸味が強い味で、「いまいちかな~?」と思うのです。ところがやっぱりトマトマジック!煮ていくとトマトに含まれているうま味が出てきて野菜と絡み合うのですよね~。

日本人てうま味好きだと思う。うま味を感じられてこそ「おいしい!」と心が喜ぶ気がします。この奥深さはうま味でないと感じられない、と一人で納得したりして。

特に大根のおいしさはそれ。汁のうま味を吸ったおいしさは、さすがです。おでんの大根が人気なのも同じ理由でしょうね。しみしみ感が「これよね~」という満足感を与えてくれます。大根のおいしさを吸い込む力にはびっくりします。


常備菜にもなりますので、数日は食べられます。ただ夏野菜と違って冷製マリネ風よりも、温かいほうがいい。その都度温めていただきます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示