ホーム歳時記(ダイアリー) ≫ 不良灯油問題をやっと解決。

不良灯油問題をやっと解決。

171127 切り干し大根


「不良灯油、引き取れないのですよね・・・」

と言われてしまいました。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

寒くなってきたので、石油ストーブを出しました。そして家にあった灯油を入れました。最初はうまく燃えていたのに、だんだんブスブスと変な臭い・・・

「もしかしてこの灯油、古くなっている?」

今まで経験したことなかったのですが、どうも不良灯油になっているらしい。燃えないのですから、不良さんですよね。

***

さて、使えない灯油はどうしたらいいのでしょう?調べ方はまずは自治体のガイドブックを。そうすると、ガソリンスタンドに確認してくださいとのこと。はい、ガソリンスタンドですね。

そして、購入したガソリンスタンド(大手チェーン)に持っていったら冒頭の言葉です。なんでも引き取りをやめたとか。役所に聞いても、ガソリンスタンドと言われるけれどやっていないとのこと。

「コスモ石油さんでは引き取ってくれると、他のお客様が言っていましたが・・・」

どうも会社さんによるらしいのです。引き取っていないなら文句言っても仕方ないですよね。次にネットで検索で処理方法を検索です。

少量なら布に吸わせて可燃ごみとか、いろいろ経験談が出ていました。でも危険物なので自分で処理するのは正直怖かったのです。きちんと処理できるところに任せなければ。廃油の専門業者さんにお願いする方法もありますが、探したりするのはちょっとめんどう。等々、どうしようともやもやして過ごした数日。

そしてやっと解決。

近くの灯油を売っているホームセンターさんにダメ元で電話したら、新しい灯油を買う時にレジで言えば引き取りますよ、と。

石油を専門で扱っているガソリンスタンドが引き取ってくれないのに、灯油は多くの商品の一つであるホームセンターで引き取ってくれるの?と驚き。(@_@;) 私にとっては盲点でした。

引き取ってくださったのはビバホームさんです。感謝~。

***

灯油の保管はきちんとしようと学びました。

具体的には

・白いポリタンクを使わない。
・日光に当てない。
・季節に使い切る。

当たり前のことが、当たり前に行われる。ストーブがきちんと燃える。たったそれだけのために、どれだけの時間を費やしたか。当たり前と思っていることが、実はありがたいこと、そんな実感をした経験でした。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

灯油もオイル。

灯油もオイルなのですよね。菜種油やオリーブオイルは日光に当てないように注意しているのに。v-12

いい経験になりました。これからは注意します。

あんず | 2017.11.27 14:44 | URL


おはようございます

灯油はなるべく使い切った方がいいですね。

もしも残ってしまったら、梅雨時の洗濯乾燥に使うとよいです。湿気払いにも私は使っています。

おっしゃるように、日光や高温多湿は劣化を早めます。特に日光に当たるとポリ容器も劣化するので避けた方がいいです。ポリ容器が劣化すると容器が灯油の重さで割れます。悲惨なことになるので絶対だめです。

常時、野菜と同じように涼しい暗いところに置いておくのがベストです。w

案外知られていないのですがオイルも生鮮物なのです。ガソリンとかエンジンオイルもそうです。

クルマのオイル交換が必要なのはそういうメカニズムですよ~。お気をつけて。w

ひまわり | 2017.11.27 10:07 | URL














管理者にだけ表示