ホーム料理道 ≫ お料理に現れる人柄、あり方。

お料理に現れる人柄、あり方。

171116 ランチ


料理には「作り手のあり方」が出てきます。同じレシピでも人によって出来上がりが違ったり、時によって味が変わったりするのも、その時のあり方が違うからかもしれません。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

外食して思うこと、ありませんか?

「なんだか満足できない。」
「スカスカな気がする・・・」

コンビニのお弁当も感じる時があるし、カフェなどでも感じることがあります。まずくはないけれども、なんだかねぇ。と言葉に出来ないような違和感です。

以前、地元で歴史のある喫茶店でランチをしました。高校時代、ここでデートするのが夢だった人がたくさんいた喫茶店です。

そんな懐かしさもあり久しぶりに訪れまして、パスタセットを注文しましたが食べた瞬間

「・・・・・・」

スカスカ感。まずくはありませんでしたが、気が入っていない味でしたね。バイトの人が適当に作りました、という印象。ちょっと残念。もう来なくていいなと思いそれ以来、行っていません。

満足感のポイントは、味。これは基本。しかしおいしいだけでは、満足できないのが人の不思議なところ。どうでもいいや、というあり方は料理に正直にでてしまう。

また、「どう?私(オレ)の料理すごいでしょ!私の料理を食べなさい!」と感じることもあります。自分の料理に自信があるのでしょうが、こういった押しつけ的な料理は重く感じるし、独特な場合が多いのでおいしいと感じなかったりします。例えて言うならジャイアン料理かな。

本当に美味しくて満足感に満たされる料理を作れる人は、中庸というかニュートラル的なのだと思います。相手の好みや体調などに心を配り、念が入らない。

念とはエゴ。相手を思っているようで実は自分を満たしたい欲求。言葉にするのは難しいのですが、相手をコントロールしたいような気持ちかな。

簡単ではないけれど、心があたたまるような料理を作れる人を目指して精進していきます。念ではなく愛を込められるには、その人格が必要だと思うから。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

本当にそうですよね。純粋な思いは料理を美味しくしてくれるのでしょうね。お母様のお心、温かいお味ですね(^^)

あんず | 2017.11.22 13:53 | URL


Re: タイトルなし

ご指摘、ありがとうございます。「作り手」と直しました!

あんず | 2017.11.22 13:51 | URL


「作りたのあり方」ってなんですか?

誤字ですか? | 2017.11.22 10:56 | URL


久しぶりに食べる母の手料理をとてもおいしく感じるのは、おいしく味わってもらいたいという、母の心がこもった料理だからなのでしょうね。

tama | 2017.11.18 06:44 | URL














管理者にだけ表示