ホーム料理道 ≫ 段取りできると料理は楽しくなる。

段取りできると料理は楽しくなる。

171115 常備菜


料理ができないと思っている方。一つの理由として、段取りが上手くできないからじゃないでしょうか。段取りができれば、時間も短縮できるし、達成感もでてくるので楽しめると思うのです。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

作るものが決まって、「さあ、作ろう」とキッチンに立つ。これは普通のパターンです。経験があり、慣れている人はいいのですが、そうでないと

「何から作る?」

と考え

「とりあえず、目についたものから始める。」ことになります。

このやり方は一品なら、なんとかなります。しかし3品くらいになると、もうぐちゃぐちゃになり「何をどこまで作ったか?」わからなくなったりします。そして料理がめんどくさくなってしまう。

お菓子は一品作ることが多いので、すっきり集中できます。「料理は苦手でもお菓子、パンが得意」という方がいるのは、こういった理由です。

171115 おいなり


私も以前は、数品を効率良く作るのが苦手でした。数品作るときの、導線というか全体図が見えなかったからです。今は常備菜を7品ほど一気に作ることもできるようになりました。5品以上作る時は、段取りを考えておかないと、ものすごく時間がかかってしまいます。

シンプルですが解決法は、料理する前に考えること。紙に書くともっといいのですけど。ちょっと大変ですが、トータルで見るとずっと時間短縮できます。

例えば炊き込みご飯とお味噌汁、茶碗蒸しの場合。

1 すべての材料を切る。
2 ご飯を炊く。
3 茶碗蒸しの準備して火にかける。
4 お味噌汁を作る。

頭のなかで設計図を作ります。考えないで料理するのは、大袈裟に言うと地図なくして登山に出かけるようなもの。

慣れてしまえば、頭の中に導線が浮かびます。そこまでは意識的に考える。

料理の段取りはできなくても、手芸だったり掃除だったり他のことはできている方は多い。基本は同じなので、自分ができていることを「どうやってやっている?」と骨組みのところをトレースするのも段取り上手になる方法です。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示