ホーム丁寧な食事 ≫ なすを味わうならあく抜きをしよう。

なすを味わうならあく抜きをしよう。

170817 夏野菜


夏野菜のなすも、そろそろなごりの時期。固くアクも強いかな。まあ、もともとなすはアクが強い野菜なのですが。今回は簡単なアク取り法です。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

なすは切るとすぐに変色しますね。そのままでもいいのですが、調理してもアクを感じることも多々あります。だから、なすの味を楽しみたい時は、ちょっと一手間加えてみませんか?

やり方は簡単です。

アクを抜くには切ったらすぐに水につけること。それだけ。5分ほどおけばオッケーです。それから煮物や蒸し物に使って下さい。

または、塩とまぶして水分とアクを抜く方法もあります。使う時はよく洗って。塩が残っていると味付けに影響しますので。

ただ、揚げたり味噌炒めなどの味が濃い料理はアクを抜かなくてもいいですね。淡白な仕上がりにする時はアクを抜き、濃い味付けならしなくてもいいでしょう。

今の時期、おすすめなのは味噌炒め。固くなってきたなすも美味しくいただける味付けです。

作り方はシンプルです。

炒め味噌を合わせておきます。味噌 大さじ3、醤油 大さじ1 みりん 大さじ1。

なすを適当な大きさに切り、水に入れます。
水に入れる理由はアクというよりも、炒めた時に水蒸気をだしたいから。水蒸気でなすを焦がさずに柔らかくしたいのです。

また、なすだけでなく冷蔵庫にある野菜も加えます。キャベツやピーマン、きのこ類、厚揚げなどがおすすめです。

フライパンを熱します。十分に熱くなったら野菜を入れて炒めます。蓋をして蒸し煮。

数分したら、炒め味噌を入れます。水分が出てきますから、水分が少なくなるまで炒めます。

器に盛り付けて、生姜、みょうがの千切りなどの薬味を添えるとさっぱりと頂けます。


ここ最近は涼しいので体が楽です。このまま残暑がなく秋になるとは思えませんが。昔は夏のほうが好きだったけど、この頃は冬のほうが体が楽だと思うのは、年齢を重ねてきたせいでしょうか?

まあ、それも変化。受け入れることにしましょうか。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示