ホーム料理道 ≫ 大量にある旬の野菜の使い方。

大量にある旬の野菜の使い方。

170704 トマト なす


旬の時期、同じ野菜が沢山集まってきます。今だったらなすときゅうりとトマトかな。家で作っているので、毎日あります。

そんな旬の食材をどう使うか?について。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

旬の食材はその時期に必要な栄養がとれます。今でしたら水分の多い、きゅうり、トマトなどですね。体を冷やし水分を補給してくれます。

そして旬の食材は安くておいしい。私は冬のトマトは食べたいとも思わないけれど、夏は味もいいし地物が多いので、味もおいしいです。

ただ問題は大量にあること。スーパーで購入するならコントロールもできますが、自家製であったり、いただいたりすると大量になってしまいます。

どうやって食べよう?

1 切り方を変える


いくつか基本的な考え方を書いてみますね。

1 切り方を変える
切り方?と思われそうですが、触感が違うので同じ素材でも違った味わいが出ます。

例えばきゅうりですが、叩いて回し切りした和え物と、千切りで作った和え物では触感が全く違います。大きく切ったものは食べごたえがあり、歯ごたえを楽しめます。千切りにすると、軽やかでさっと食べられます。

また料理によって切り方を変えます。まず料理ありきです。逆に切り方を変えることで、自然とメニューも決まったりもします。

まずは切り方を変えることで変化をつけます。

2 調理法を変える


調理法が違えば、全く違う一皿ですよね。

・炒める
・揚げる
・コトコト煮る
・さっと煮る
・焼く
・蒸す
・生

ざっと調理法だけでも7つ。

大量に取れるプチトマトなど、調理法をメインに考えていくと沢山のメニューを作れます。

サラダ、トマト煮、煮びたし、ソテー、マリネ・・・。調理法を変えるのは王道です。それに合わせたレシピを探せば一品出来上がりです。

3 味付けを変える


甘くする?
塩?
醤油?
味噌味?
スパイス系?
酸っぱい?

どの味を中心にしようか?と考えてメニューを決めます。

何味が食べたいかな?と自分と対話します。

昨日はなすを目の前に
「どんな味がいいかな?」
「蒸し暑いから、酸っぱさがほしい。」
「ガーリック味が食べたい。」

と感じたので、揚げたなすを醤油と酢ベースのタレに、ガーリックをきかせて揚げマリネにしました。


*********
料理する時「何が食べたいかな?」と自分に問うのも、メニュー決めの参考になります。そして食べたいものを食べたときは、「これよね~」との満足感も高いです。

せっかく栄養価の高い旬の食材です。大量にあるときは、自分の食べたい物をしっかり聞いて料理し満足感のある食事にしたいですね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示