ホームおうちでランチ ≫ 和定食は心からほっとできる。

和定食は心からほっとできる。

170615 和食


外食が続くと、食べたくなるのが和定食。

切り干し大根とかひじきとか、そういった和惣菜が食べたくなります。今日のランチはそんな気分を満たすことにしました。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ご飯とお味噌汁、お惣菜。

これは私にとって、最強の癒やしご飯。シンプルに素材が味わえるもの。心もほっとする、そんなご飯です。

メニューは

・分づき米ご飯
・お味噌汁
・豆腐
・切り干し大根の煮物
・ほうれん草のごま和え
・イカの粕漬け
・赤漬け


170615 惣菜


ご飯は分づき米がいい。主食はしっかりと栄養の高いご飯がホッとしますね。ご飯とお味噌汁をセットにすると、和食の形が出来上がります。

今回、失敗したのがお味噌汁。具材に塩昆布を入れてしまった・・・。お味噌の量を調節すればなんとかなるかと思っていたら・・・ダメでした。塩の強い味になってしまって、反省です。塩昆布は使わないほうがいい。

イカの粕漬けは、以前つけてあった常備菜。粕漬けは使いやすいし、おいしいのでお気に入りの漬け床。

赤漬けとは、梅酢と赤紫蘇で野菜をつけた漬物。我が家の夏の定番です。これがあると、夏が始まった気になる一品。さっぱりとして、梅酢の酸でご飯がすすみます。

作り方は
1 赤紫蘇の葉を塩を加えて揉む。ぎゅーっと搾ってアクを捨てる。これを数回、繰り返す。

2 容器に薄く切った大根と(1)と梅酢を入れて出来上がり。

数日たつときれいな赤い色に染まります。色も派手なので、あると華やかさがでますね。


今回一番食べたかったのが、切り干し大根の煮物。こういった、地味~で滋養のあるものが食べたかったの。昨年作った切り干し大根を冷凍で保管してあるので、すぐに使えます。乾物って便利です。

*********

自分でご飯を作れると

食べたいものを
食べたい時に
自分の好みに合わせて

作れるので、料理のスキルはあったほうが便利ですね。ほっとできる昼ごはんは、幸せな気分になりますから。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示