ホームダイエット ≫ めんどくさい気持ちを使ってダイエット。

めんどくさい気持ちを使ってダイエット。

170424 スコーン


めんどくさいことは悪いことばかりじゃありません。

ダイエットしたい、体重を減らしたい。そんなときに「めんどくさい」気持ちは役に立ちます。

めんどくさいダイエット、取り入れませんか?

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

食べ過ぎてしまうジャンクフード


太る理由を一言で言うと、食べ過ぎ。それもジャンクフードのとりすぎでしょう。チョコレートやクッキー、ポテトチップスなど、袋を開けたらいつの間にか、食べてしまった経験ありませんか?

ジャンク系は味の刺激も強いので、空腹感とは関係なく「食べたい」衝動に突き動かされます。食べていて「別にお腹空いていないのに。」「特別に食べたいとか、おいしいわけじゃないのに。」口に運んでしまう。そして後悔する。あまり気分のいいものじゃありません。

この時に「めんどくさい」の気持ちを使います。いつもは、じゃまもの扱いされるめんどくさい気持ち。役に立つこともあります。

めんどくさい?それとも食べたい?


アメリカの食心理学分野の有名な書物に「肥満人間と肥満マウス」があります。マウスを太らせる要因の多くは、人にも当てはまると証明するために研究したのです。何千時間も研究をしました。

そんな膨大な時間を費やした結果を一行で要約すると

食べるために苦労すればするほど、食べる量は減る。

ケージの中のマウスはレバーを10回押すとエサが出て来る場合は沢山たべます。しかし100回になると、食べる量は減るのです。

めんどくさくて諦めちゃうのですよね。もういいや、と。

この傾向は人間にもあります。実験ではアイスクリームクーラーの蓋を自分で開ける場合は、食べる人が減りました。蓋を自分で開ける、これだけの手間でも食べる人は減るのですよ。人間とは楽したい生き物なのですね。

身近な例では殻付きの落花生と実だけの落花生。手間のかかる殻付きは敬遠されがちです。

ジャンクフードはめんどくさい気持ちを利用


だから家にあるお菓子やジャンクフードもこれを利用します。「食べて~」と誘惑してくるチョコレートやお菓子を不便にします。

・高いところに置く。
・棚の奥にしまう。
など、テーブルに置かずにアクションを起こさないと食べられないようにします。

また、寝ながらとかではなくて、お菓子を食べるときはテーブルできれいなお皿に乗せて食べるようにします。

なぜか?お皿を洗う手間がかかりますよね?手間を考えたら食べる回数が減るでしょう。それにお皿に乗せると気分もよくなります。これを本当に食べるのか?と自問する気分にもなります。

*******
もちろん、そもそも衝動的に食べてしまうものを家に持ち込まない方がいいに決まっています。そのためには買い物リストを作り、それ以外は買わないようにします。

私も少し体重を落としたいので、めんどくさい気持ちを使って体を整えようと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示