ホームダイエット ≫ カロリー制限すると寿命は伸びるの?サルを使った実験から見えたこと。

カロリー制限すると寿命は伸びるの?サルを使った実験から見えたこと。

170419 ティータイム


カロリー制限すると寿命が伸びる?

アメリカで行われた実験が示すデータがありますので、見ていきましょう。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

寿命とカロリー制限の関係


1980年代、ウィスコンシン大学とアメリカ国立老化研究所はアカゲザルで実験を始めました。どんな実験かというと、摂取カロリーと寿命についての実験です。食べる量と寿命は関係しているのか、どうかをサルの一生を観察して研究をします。

どんな結果がでたのでしょうか?

カロリー制限したサルは寿命が長かったと、いろいろなところで引用されています。これはウィスコンシン大学の研究結果です。(2009年と2014年に発表)

ところが、老化研究所は、2012年にカロリー制限に寿命を伸ばす結果はないと発表しました。

正反対の研究結果で論争になったのです。
一般的には、カロリー制限したほうが健康にいいと思われていますが、どうなのでしょう?

正反対の結果がでたのは?


一体、どちらが正しいのか?ということで、2つの研究グループは研究内容を比べたのです。

・サルの食事内容
・年齢
・集団の由来などなど・
・・詳細を比較したのです。

その結果、研究結果の違いは実験に用いたサルの年齢、性別、食事内容などの違いから生まれたものだ、とわかったのです。

例えば、実験を始めた年齢がウィスコンシン大学は7~15歳。老化研究所は1~23歳。エサも精製されたペットフードのようなものと、天然の穀物で違っていました。

2つの研究をまとめると、次のようになりました。

中年のサルには効果的?


年齢で分けると、,b>18歳以上のサル(人間で言うと中高年以上)はカロリー制限すると寿命が伸びました。特にオスはカロリー制限すると、しないサルに比べて寿命の伸びが顕著でした。なんでも最高年齢更新中のサルもいるそうですよ。人間だったらギネスに載るほどかな?

そしてもう一つ。
カロリー制限したほうが、加齢に伴ってかかりやすくなる病気(ガンや糖尿病)の発生率は明らかに低くなっていました。
こちらはカロリー制限し始めた年齢に関係ない結果です。

まとめると
・中年以降はカロリー制限したほうが寿命が伸びる。
・食べすぎないほうが、病気の発生率は低い。


昔の人は正しかった?


この結果が、そのまま人間に当てはまるわけではないでしょう。しかし、「昔から腹八分は医者いらず」と言われているように、もう少し食べたいところで止める習慣はあったほうがよさそうですね。特に中高年以降のおじさまたちは。

それから、食べる内容も重要でしょう。
加工品よりもリアルフードの多い食生活をすること。リアルフードを与えられたサルのほうが、痩せていたそうです。

人のジャンクフードばかりは太りますし。特に代謝が落ちる年代になったら、病気も含めて気をつけたい。小さな積み重ねは目立ちませんが、後で大きく返ってきます。よい習慣をつけたいものです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示