ホーム丁寧な暮らし ≫ 食事の基準を決めると、振り回されることも少なくなる。

食事の基準を決めると、振り回されることも少なくなる。

170330 お重


何を食べるか?と食事について自分の基準を決めておくことをおすすめします。

今は情報がたくさん入ってきます。SNSやブログ、テレビ等、もう洪水のよう。何が健康にいい、こんなライフスタイルをする人が増えています、行列ができるお店は?新しくNYからやってきたお店です等々・・・

それらに翻弄されものすごく疲れます。なぜなら、選択を自分でしていないから。

だから自分の基準を作ることで精神的な疲れを少なくします。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

悪い食事でなければいい


私は食事に関して自分の基準を持っています。そのため、これを食べたら痩せる、これが健康にいい、というような情報にふれても「そうなんだ~」とスルーします。

悪い食事は決まっています。体と心を保てない食事です。しかし逆にいい食事は住んでいる場所や環境、年齢等々、幅があるので「これ!」と一概に言えません。だから悪い食事でなければいいと考えています。

Myルールがあると選択がシンプルになる


基準は
・ジャンクフード、加工食品、精製度の高い物は少なくする。
・植物性食品を多く食べる。
・本物の調味料を使う。


こんな感じです。

自分の基準が明確だと、何を食べるか?どう行動するか?の判断がシンプルです。他からの情報が入ってきても、振り回されることがありません。気分的に楽ですよ。

自分の基準があれば落ち込まない


例えば毎日、お弁当を作っている。冷凍食品も市販のドレッシングを使っていない人のブログ記事を見たとします。

色とりどりだし、曲げわっぱに入っているお弁当はとてもシンプルで美しいと感じました。

その時、「きれいだな、こういうライフスタイルはいいな。」と思ったとしても、その後の反応は基準のあるなしで変わります。

基準がないと
・私はこんなふうにできない
・きれいなお弁当を作れなくて、家族に悪い


どちらかというと、ネガディブな気持ちをいだくことが多いでしょう。

しかし、基準があれば「今の自分の基準は〇〇。選択しているのは私。」です。
他人様のライフスタイルを見て、わざわざネガディブになる必要がないとわかります。

もし、そうなりたいなら、基準を変えるようにすればいいのです。選択肢は自分にあると知っているから、落ち込む必要も感じません。

*****
素敵な食事やきれいなお部屋を見て、憧れの気持ちは出てきても、今の自分とのギャップに落ち込む必要はありません。その人とライフスタイルの基準がちがうのですから、当然かける時間やエネルギーも違います。

今は自分の基準でよし、でももっと変化したい、と思ったらそれに対して何らかのアクションを起こせばいいだけの話です。

「私はこの基準から行動しているのだ」と自覚できると、変に落ち込んだり振り回されることも少なくなります。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示