ホーム丁寧な暮らし ≫ 心地よい時間のためにやめたい習慣1つとは?

心地よい時間のためにやめたい習慣1つとは?

170317 桜


この人に会うと元気になる。
ここの場所に来ると、集中できる。

そんな経験はありませんか?

それは人や場所の持っているエネルギーが、自分に合うと自然と心地よくなります。合わないとなんだか嫌な感じに。

だから日常の中でも自分をポジティブに持っていく要素を増やしませんか?

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

心地よさと音


心地よさの要素として、音にフォーカスしてみます。ちょっと耳を澄ませば、様々な音が聞こえてきます。

今は外から鶯の声が聞こえてきます。鳴き始めにしては、上手に歌っていますので新人ではなさそうですよ。春を感じさせてくれる心地よい音です。

逆にあ~っと思う音があります。それはテレビ。

テレビは習慣的につける人が多いでしょう。私も無意識につけていました。特に見たい番組があるわけではなく、単に音としての役割です。


もう数年前ですが「テレビを見ない」練習をしました。もともとテレビっ子ではなかったのですが、意識すると「こんなにテレビをつけていたのか!」とびっくりしましたね。

ドラマもバラエティも好きではないし、芸能人もジャニーズも知らないレベルでも、テレビってつけているのですね。

3日間、全くテレビをつけない日もありました。そうしたら・・・

テレビ断食の後の実感


テレビ断食をした後のテレビの音の荒っぽさに驚いたのです。今まで感じなかった、音の持つ粗さというのでしょうか。洪水のように一方的に流れてくる音への不快感。

以前、風水を習った時に「テレビはいつも私を見て!見て!のエネルギーを発していますよ。」と教えてもらったことを実感しましたね。

それは自分の持っていきたい方向に、ぐいっと引っ張られる感じのエネルギーです。

考えてみたら当たり前かもしれません。CMは購入のためだし、どの番組も放送する理由や目的があるでしょう。そのエネルギーと自分が合致しなければ、操作されているように感じ心地よくないのは当然です。

無意味な習慣を止める実験


何となくテレビの音を聞いているのなら、思い切ってテレビをつけるのを止めてみませんか?

特に朝は一日の始まり。心地よくスタートする時間にテレビの音で埋もれるのは、もったいない気がします。知らなくてもいい情報も入ってきますから。

試しに1日でも、3日でも無意味な習慣を一つ止めている。それでそう感じるか?実験するのもおすすめですよ。

小さな習慣の変化ですが、自分をポジティブに持ってい大きな快適時間を作り出せます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示