ホーム丁寧な暮らし ≫ 物を増やさないために気をつけよう2つのマジックワード。

物を増やさないために気をつけよう2つのマジックワード。

170307 サンドイッチ


なるべくは増やしたくないのです。特にキッチンツールは、気をつけないとつい手がでてしまいそう。

物を増やさないために一つだけ、気をつけていることがあります。それはマジックワードに引っかからないことです。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

購買意欲をそそるマジックワード2つ


雑誌やネットの広告を見ていると、魅力的に見える商品が沢山あります。そんな広告で気をつけているマジックワードが2つ。

あると便利ですよ。
おトクですよ


多くの広告に使われているマジックワードです。人の心理、損をしたくない、楽したい、に訴えかけています。

あると便利は必ずしも便利ではない。


「あると便利~」で思い出すのが、アメリカ系のTVコマーシャル。ものすごく画期的です、と紹介して使っているところを見せてくれます。グレープフルーツむきとかりんごカッターとかが印象的でした。

友人がグレープフルーツむきを買ったのですよね。どう?って聞いたら、うまくむけないよ~、包丁使ったほうが早いよ~(T_T)って言っていました。

あると便利グッズは、ほとんどが専門性を持った商品。それ以外には使えないものが多い特徴があります。だから便利だという商品に捕まると、どんどんと物が増えます。

りんごカッターはりんごだけ。アボカドカッターはアボカドだけ。包丁一本あれば、両方共使えます。

便利ですよグッズは、よほど見極めないと家のガラクタになってしまうでしょう。

おトクは本当に得なのか?


おトクと言われたら、本当にお得かな?と考えてみたらいいですね。あと1000で送料無料だから、なくてもいけど買ってしまったこと、ありませんか?

そんなことしていたらその都度、物が増えていきますよね。数合わせになったような品物は、使わない確率も高いでしょうし。消耗品なら、まだいいのですが、それだってストックが多かったら減りませんよね。

収納してきれいな部屋になるはずが・・


以上2点、物を増やさないように気をつけています。とは言っても、以前はおトクと便利に引っかかっていたから、気をつけようと思ったのですけど。

一番の勘違いは、収納グッズ。もう20年以上前の話ですが、お片付けのできない私は便利だと言われた収納グッズを6ヶ月ほど購入しました。(定期的に送られてくる)

「この収納グッズがあれば、きれいな部屋になる!」と期待していたのですが・・・

いくらグッズがあっても、物が多くて片付けの基本も知らなければ、きれいな部屋にはなりません。逆に収納グッズという物が増えてしまった経験があります。

そういう収納グッズは丈夫にできているので、捨てるのも大変だったのです。

---------------
なるべくものを増やさないことを心がけています。が、器は欲しくなっちゃいますね。その時は自分のライフスタイルを考えて、きちんと使うかどうか?考えてから購入することにします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示