ホーム和食 ≫ 千葉県の郷土料理 春の祭り寿司。

千葉県の郷土料理 春の祭り寿司。

170301 祭り寿司


3月に入り、ひな祭りももうすぐです。春のお寿司を習ってきました。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

絵の入ったお寿司、祭り寿司は千葉県の郷土料理です。お祭り(宴会)では、必ず出てきた子供の頃からなじみのあるお寿司。千葉県民なので、作れるようなっておかないとね、という郷土愛。農協さん直営の産直で教えてくれます。

今回のお寿司はおひな様がメイン。パーツを作って組み立てていく、とても楽しい作業でした。パーツが多くてバランスを取るのは大変です。やはり、回数をこなさないとわかりませんね。
170301 祭り寿司 おひな様


ポイントは目のごま。ごまを縦に置くことで、優しい印象になります。横や斜めだと、怒っている表情になっちゃうのですよね。

170301 祭り寿司 バラ



こちらはバラの花。薄焼き卵にすし飯と紅しょうがを乗せてき巻きます。それをさらに海苔でくるんで出来上がりです。

おまけで先生が作ってくれたのが桜の木。卵の黄色と桜のピンクがきれいでしょう?春らしい一品ですね。お花見に作っていこうと思います。練習しなくちゃ!

170301 祭り寿司 桜


巻くのも大変ですが、細かい材料を準備するのが大変ですね。かんぴょうを煮たり、青菜を茹でたり、卵を焼いたり・・・

親戚の叔母たちは、祭り寿司を作る時は朝の2時から起きて準備していたといいます。そんな手間のかかったお寿司を子供の頃から食べてこれたことは、幸せなんだな~と作ると思いますね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示