ホーム歳時記(ダイアリー) ≫ 早い春を楽しむ緩やかな時間。

早い春を楽しむ緩やかな時間。

170218 蝋梅 1


立春も過ぎ、春の足音も心なしか近づいてきたような。我が家にも春のお花がほころんでおります。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

蝋梅(ろうばい)は今が盛り。12月から2月に咲くのですが、うちは遅い種類のようですね。

花びらが蝋細工のようであり、また旧暦12月(ろうげつ・臘月)に咲くことから、この名前がついたそうです。

黄色い幾重に重なるお花が、青い空に映えます。俳句でも読めたらいいのに、と思いますねぇ。

170218 蝋梅 2


梅の花はもう終わりの頃。今年は咲くのが1月には咲いていたので、暖かな冬だったのでしょうね。私は寒かったイメージなのですけどね。

170218 梅


これから咲いてくるのがボケの花。

170218 ぼけ


木瓜の花は花言葉が多くあります。

先駆者、指導者、退屈、魅惑的な恋など。中でも織田信長が家紋に使ったことからつけられた花言葉が先駆者とか。ボケという音からはイメージできませんが、なかなかの意味を持っている樹木です。

最後に、個人的に大好きな瞬間がこれ。

170218 ポピー


今にも咲き出しそうなポピーの蕾。このケモケモから、あの美しい大輪が出てくるなんて!と子供の頃から感じていた不思議感覚。蛹から蝶になるように、全く別のものになる変化が好きでしたね。

今でも、この瞬間を見るのが好きです。

春を感じ、それを表現している草木にふれる。ちょっと素敵な時間。流れを緩やかにしてくれる瞬間です。身の回りの春は何がありますか?

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示