ホーム料理道 ≫ 料理がめんどくさい!気持ちをどうにかしませんか?

料理がめんどくさい!気持ちをどうにかしませんか?

170203 ティータイム


料理めんどくさい、やりたくないなあ。でも、なんとかしたい。そう思っているなら、料理へのモチベーションアップ方を考えてみませんか?

今回はめんどくさいの理由を3つ、あげてみます。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ


料理がめんどくさいと思う理由は人それぞれ。

「何作っていいかわからない。」
「献立を決めるのがめんどう。」
「おいしくできない。」


ところが、深く見ていくと理由は3つに分かれます。それぞれを見ていきましょう。どこがネックかわかれば、対処できますよ。

めんどくさいと思う3つの理由


根本的な理由3つをあげてみます。

1 なんでやらなくちゃいけないの?やる意味がわからない。
一つ目は「なんで、料理しなくちゃいけないの?」というもの。やる意味がわからないからなのですね。

子供を見ていたらわかります。「なんで歯磨きしなきゃいけないの?」と思いませんでしたか?寝る前に洗面所にわざわざ言って歯を磨くより、早く寝たいよ~って。

でも歯を磨かないと、虫歯にはなるし口臭もでるしデメリット満載。そうなりたくないから、きちんと歯を磨きます。

料理をする意味が本当の意味でつかめていないと、めんどくさいが先に立ちます。

2 何していいかわからない。漠然と大きく考えてしまう。
おばけが怖いと同じ心境です。おばけは正体不明だし、どう対処していいかわからないから、怖い、逃げたくなります。

料理もそう。必要以上に漠然と捉えていると、やる気が起きずにめんどくさく感じます。

3 反応がない、褒めてもらえない
せっかく作っても、ご主人が何も言わない。よくあるパターンです。本当は美味しいと思っているかもしれないのですが、反応がない。

一生懸命作っている感じがある人ほど、周囲からの反応がないとだんだんやる気がなくなり、めんどくささが強くなります。

以上、3つが根本的なめんどくさいの姿です。

節分を第二のスタートに


料理しない、レンジフードで済ます、と決めているならそれでもいいと思います。すべての人が料理上手になる必要もありません。

しかし、予算の関係だったり、体のことを考えた場合、一番いいのは自分で作るライフスタイルでしょう。ですから、毎日するなら楽な気分でやりたいですね。

その障害が「めんどくさい」です。

今日は節分、明日は立春。第二新年ということで、再スタートのきっかけにしませんか?

明日は「めんどくさい」の対処法をお話しますね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示