ホーム丁寧な暮らし ≫ 丁寧なライフスタイルを作るたった1つの習慣。

丁寧なライフスタイルを作るたった1つの習慣。

170202 ジャスミン


丁寧に暮らしたい、と思っているもののどうしていいのかわからない。

そんな時は「わざとゆっくり動いてみる」をお試ししてはどうでしょう?

丁寧に動けると、毎日が豊かな気分になれます。忙しい私達には必要な時間ではないでしょうか?

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

本来のスピート


急いでいる時は行動も雑になるし、その結果も粗雑です。早く終わらせたいのに、余計焦って結局やり直しになったり。イライラして、眉間にしわが寄れば美容にもよくありません。

しかし、ゆっくり動けば、呼吸も整ってくるので焦りの気持ちも多少は落ち着きます。結果、余裕ができて焦ってやるよりもうまく行くことが多い。

流れの早い今の時代、わざとゆっくり動くスピードが本来の体のリズムなのかもしれません。

丁寧な暮らしをしている人の共通点


ゆっくり動くことは丁寧なライフスタイルを作り出します。丁寧に生活しているな、と思う方はそれが習慣になっているので、特別なことをしているとは思っていません。

料理をしたり、絵を描いたり、自然をお散歩したり、毎日お掃除したり。はたから見たらめんどくさいのでは?と思うようなことも、本人たちは楽しみで苦を感じていません。

その習慣化のポイントが

ゆっくり、正確に、その行動を味わう。

ゆっくり動けば、隅々まで注意が向きます。
ゆっくり動けば、注意が向くので正確に動けます。
ゆっくり動けば、その行動をじっくりと味わうことができます。


そして、その行動が楽しくなるので習慣化していくのです。

丁寧さは作り出すもの


今はあらゆる分野で「簡単・便利・早く(楽)」が求められています。食事も自分で作らなくても、外食もあればレトルト食品もある。簡単に済ませることは可能です。

しかし丁寧さから生まれる豊かさは、他からは与えてもらえません。お湯そ注いだカップラーメンは3分で食べられるけれど、時間をかけて作った料理で感じる心満ち足りた感じはありません。

豊かさとは自分で動いてこそ、味わえる気持ちです。実際に自然の中を歩いて感じることは、テレビで映像を見るのとはちょっと違うように。

丁寧さとは、自分が参加し作り出してこその味わいではないでしょうか。

今を味わう


めんどくさいな、と思うのは「早くやろう、適当にやろう」と行動が目的になっているからと思います。

その行為をじっくりと味わうのではなく、とりあえず終わらせてしまおうという気持ち。

でもじっくり、ゆっくり動いて、行為を感じる余裕があればめんどくさは減っていくと思います。作った料理をゆっくり味わったり、きれいになった部屋を感じる。

丁寧な暮らしとは、今をじっくりと味わうシンプルライフだと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示