ホーム丁寧な暮らし ≫ 手作りおかしをプレゼントする条件は、まず自分が納得できること。

手作りおかしをプレゼントする条件は、まず自分が納得できること。

20161114 クッキー


ベイクの基本、クッキー。今、自分が納得できるベーシッククッキーに挑戦中です。人さまに差し上げるには、自分がオッケーと思う味に仕上げないといけませんものね。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

微調整の積み重ね中


クッキーの材料はシンプルです。粉と油、そして甘み。それにナッツやスパイスをプラスして作ります。

ただ私が作るのはヴィーガンタイプのバターや卵を使わないタイプなので、バターや卵の持つコクや深みを出すのが難しいですね。市販の美味しいクッキーはバターが沢山使われていますから。

それでも好みの味に仕上げたいと、作り直すこと何回でしょうか。都度、味見して納得出来ないところを微調整していきます。微調整の積み重ねで、味を変えていきます。

味見していくうちに、だんだん味がわからなくなってきちゃうのですよ。それに味見でお腹一杯になってしまうのも、困り物ですねぇ。

20161114 クッキー1


まず自分を納得させる味に仕上げる


ベイクはプレゼントするのにぴったりだと思います。気軽に贈れるし、「悪いな。」と感じさせることなく、負担なく受け取ってもらえる。その上、消え物だから後々も困らないですしね。

ただ、美味しいことが前提ですけど。手作りのお品物は素敵だけど、美味しくなかったらただの自己満足になってしまう。だからまず、自分が納得できる味に仕上げたいと何回も試作をしているのです。

クリスマスも近くなってきたし、ちょこっとプレゼントするのに使いたいのです。

20161114 クリスマス


季節感で時間の流れをゆっくりに


お部屋にもクリスマスの飾りを出しました。小さな2種のクリスマスツリーとキャンドルです。奥にある聖母のタイルは、イタリアのボローニャにすむ職人さんの手作り。いただいてもう10年以上経ちますが、大切にしています。

こうして、季節の飾り付けをするのは、今という時間を味わうため。忙しい毎日の中、少しだけ時間を止める役割があると思うのです。

年末に向けて、時間の流れが早くなる11月12月。自分の手で時間の流れをほんのちょっと、ゆっくりにしたい。そんな休日を過ごしました。

また今日から一週間、頑張りましょう(^^)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示