ホーム丁寧な食事 ≫ 普段の食事を美しくレベルアップさせるには?盛り付け技術の前に必要なこと。

普段の食事を美しくレベルアップさせるには?盛り付け技術の前に必要なこと。

20161111 ランチ


SNSにアップされているので、他の人のごはんが簡単に見られる時代です。アップされているお食事は、サラダやフルーツに自家製の焼きたてパンがワンプレートに美しく盛り付けてあったりします。

そんなきれいな食事を見て、自分との差に愕然として「私はダメだな。」なんて自己嫌悪に陥る人もいるかもしれません。

しかし自己嫌悪に陥る必要は全くないし、誰もが今より素敵にごはんを作れます。そのための初めの一歩をお話します。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

罪悪感は不要な気持ち


美しいごはんを見ていると、ため息がでます。そして「こんなごはんを毎日食べられるご主人や子供さんは幸せでしょうね。こんな風に作れない私は、夫や子供に悪いな。」なんてまたため息ついたりすることも。

しかし、それは不要な罪悪感です。SNSにアップしている方は、人に見られることを前提として作っていますから、見られてもいいように作っています。またアップするためにかなりの時間や手間をかけていますよ。

見える部分は華やかですが、ガラスの仮面のあゆみさんのように、見えない場所で地道な作業をしています。

それに美しく見えるのは料理以外にも理由があります。それは写真技術。同じ料理でもカメラやアングルで、おいしそうに見えたり、不味そうに見えたりとだいぶ印象が変わります。

だからアップされている写真と比較して、自己嫌悪に陥る必要は何もありません。

SNSにアップされている食事については、こちらでも書いています。⇒SNSにアップできなければ料理する意味がない?おうちごはんの基本はそこじゃありません。

気持ちの余裕こそがレベルアップの一歩


それでは、今のごはんをレベルアップさせる方法を考えてみましょう。

まず美しくレベルアップするのに必要なのは、気持ち的な余裕です。美しさは主に盛り付けで決まりますから、そちらに気持ちを向ける余裕が必要。盛り付けの技術以前の土台を作ります。

それでは余裕を生み出すには、どうしましょうか?

それには献立のパターン化がおすすめです。「何作ろう?」「今日も、適当に済ませてしまった。」このようなネガティブな気持ちを軽減させるのです。

実際に料理をすることよりも、献立を考えたり、食べた後の気持ちで疲れませんか?人は考えることのほうが、行動よりエネルギーを使うことも多いから、動く前に疲れちゃったりします。

疲れたりネガティブな気持ちで料理をしたら、盛り付けなんてどうでもいい、となりませんか?とりあえず食べられたらいい、と。

その考える負担を減らすのが、パターン化です。

食事をパターン化する


かといって、全てをパターン化するのは大変です。少し搾ってパターン化してみましょう。たとえば、休日のランチセットや朝ごはんセットといったように。

休日のランチセットはこんな感じです。
・和食セット・・・ごはん、お味噌汁、煮浸し、漬物、豆腐、きんぴら
・洋食セット・・・グリーントスサラダ、パン、きのこと野菜のソテー
・パスタセット・・・トマトパスタ、グリーントスサラダ、野菜の塩麹スープ


朝ごはんならもっとパターン化が簡単!
・和食セット・・・ごはん、お味噌汁、納豆、漬物、佃煮
・洋食セット・・・パン、サラダ、スクランブルエッグ、豆乳


パターンが決まっているので、何をつくるか迷う必要がない分、気持ちの余裕が生まれて「盛り付けも、ちょっと凝ってみようか?」との気持ちも生まれてきます。

考える時間を少なく


パターン化するさいは、ご自分のよく作る料理をピックアップして組み合わせます。レシピを見なくて作れる料理ですね。なるべく考える時間を少なくすることがポイントです。

本当に想像以上に、考えることに時間とエネルギーを使っていますよ。そこを減らすだけでも、楽な気分が生まれます。また自分で作るガイドラインですから、アレンジも気楽にできます。

ご自分のパターンを作って使って、気持ちの余裕を作ること。これが今のごはんをレベルアップさせるための始めの一歩です。盛り付け方などはまたの機会に書きますね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示