ホーム風水シリーズ ≫ 風水の目的は心と体を調和させること。過去の思い出に浸って調和を乱していませんか? 風水シリーズ(3)

風水の目的は心と体を調和させること。過去の思い出に浸って調和を乱していませんか? 風水シリーズ(3)

20151015 風水

風水を取り入れる目的は、環境と自分とを調和させて自然な上昇気流に乗ることです。
物を捨てることが目的でもないですし、少なくすることが達成でもありません。
心もからだも健康的で安定している状態に導くこと。
心かからだの調和が乱れると風水的にはNGなのです。

今回は自分で調和を乱した経験をお話しますね。


応援いただけると嬉しいです。励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

正しく風水を取り入れたり、こんまりさん流のお片づけをしていくと
「気持ちが軽くなった」
「やる気がでてきた」

という話はたくさん聞きますし、あんずも経験があります。

部屋と気持ちは密接につながっているなあと感じました。

このことを知らずにいた学生時代は、心も自分で混乱させ部屋も整えることもしない時期がありました。

心のエネルギーを負に使っていたのでした。
失恋した後、どうやって混乱を長引かせていたかをお話します。


エネルギーのかたまりがホコリや痛み


風水的に言うと気が流れないと、その場所で物にまとわりついたり隅っこに固まったりします。
ホコリとかゴミはそんなエネルギーと思ってください。

マインドも同じように流れないとその人の中で、ずっととどまり心に傷をつけていきます。

あんずが自分で悲しいエネルギーを貯めこんだ方法は
「繰り返し、繰り返し、その時の感情を思い出す。特定の音楽を聞きながら。」

女性の脳は昔の記憶でも、つい昨日の出来事のように思い出すことができます。
楽しかったことを思い出してニヤニヤするのは(一人の時にしましょうね)プラスのエネルギーを発します。

ところが悲しかったことを何度も何度も繰り返して思い出すと、どうなるでしょうか?
1が10にも100にも増幅されて、雪だるまのように悲しみやつらさが膨れ上がります。

「あの時、彼に頼れないと言われた。」
「大人しすぎる、つまらないってどういうこと?」


こうして負の感情の強化を自分で行い、開放されるべきエネルギーをとどめていました。
当時、聞いていた曲も記憶を強化していたのです。

こんな風に知らずに自己洗脳してしまうと、セルフイメージも下がるしいいことがありません。
何年たっても、曲がアンカーとなって当時のエネルギーを呼び出してしまう。
当時のままの自分から動けなくなってしまう。


過去と私を縛っている思い出は断捨離対象


物にもエネルギーがありますが、音楽や絵、香りといった無形のものにも感情を留める力がありますね。
そうすることで過去に生き、未来に不安を感じ、今を楽しめない。
恋愛でいったら、今の人のよい所も見えないし関係を発展させようという気になりません。
発展性のない過去はおばけのようなもので、あると思ったらあるし、ないと思えば影響されないのに、自らお化けを呼び込んでいたのでした。

物や音楽などが昔の自分と結びつけるのであれば、これは断捨離対象です。
特に元カレ関係は全捨てしていい

つらくても当時を思い出させる品物は自分から解放します。
過去から抜け出せない鎖なら、外したほうがいいと思います。


ほんとにあの頃に戻れたら、元カレ関係グッズは全部捨てて、部屋を掃除して、お化粧して出かけるでしょうね。
しばらく悲しんだ後に、ね(^^)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示