ホーム作りおき ≫ 手作りタレやドレッシングを常備すると、食事の質が上がる。

手作りタレやドレッシングを常備すると、食事の質が上がる。

20160916 タレ


常備菜を作るメリットは、食事の支度が楽になること。事前に仕込みをしておくこと、でしょうか。

その中でも、簡単で時間もかからずにできるものが、タレやドレッシングといったもの。混ぜるだけでよい調味料を作っておくと、食事の質が上がりますよ。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

タレやドレッシングを常備して食事をグレードアップ


常備菜には種類があって、私はおかず系、サラダ系、〇〇の素系などに分類しています。

その中の素系に含まれる、タレドレッシングは手間がかからないわりには、ちょっと食事を華やかにしてくれます。

例えば、豆腐の場合。醤油をかけるだけでも、おいしいのですが、これを作っておいたタレやドレッシングにすると、表情が変わります。冷奴からグレードアップして一品料理になりますよ。

なぜなら豆腐+ドレッシング(タレ)だけだと絵にならないから、何か足したくなります。グリーンだったり、スプラウトだったり、トマトなど他の野菜でサラダに変身させることも可能です。

だったらドレッシングを買ってくればいいのでは?との声が聞こえてきそうですね(^^;)

それもありだとは思いますが、丁寧な食事をしたい価値観とは少し外れます。それに市販のドレッシングは量が多いので、使い切るまで時間もかかります。

自宅で作れば必要なだけでいいので「残っているから食べてなくちゃ」ということは起きません。

醤油ベースの柚子胡椒ごまだれレシピ


今回作ったタレは、醤油ベースのごまだれ。柚子胡椒もプラスしたものです。作り方はこちら。

20160916 小松菜


1 醤油 大さじ1に柚子胡椒 小さじ1/2を混ぜる。
2 すりごまをたっぷり入れる。

これだけです。柚子胡椒の量は好みで変えられますし、ごまの量も同じです。

タレをつかった一品 小松菜の海苔和え


今日作った一品です。

小松菜とタレを和えたもの。お酒にも合いそうな渋目の一品ですよ。

1 小松菜を茹でて搾る。
2 焼き海苔をもみ、小松菜と和える。
3 器に盛りつけて、柚子胡椒ごまだれをかける。


のりを加えると、ふわっと香りも立ちますので、焼き海苔をさっともう一度あぶってから加えてください。

これもタレでなく、醤油でもおいしいのですよ。しかし、タレを使ったほうが味も深くなるし、手間がかかっている印象になります。

*******************
好みのタレやドレッシングを数種類、そろえておくと応用範囲が広がります。フレンチドレッシングやごま和えの素もおすすめです。また他の一品も作って紹介させていただきますね。

どうぞ好みのタレを見つけてください。簡単に一品できるので、食事の支度が楽になり気分も軽くなりますよ。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示