ホーム風水シリーズ ≫ 部屋をコントロールしている?それともコントロールされている?風水からの視点で片付けを考えてみた 風水シリーズ1

部屋をコントロールしている?それともコントロールされている?風水からの視点で片付けを考えてみた 風水シリーズ1

20151014 風水

片付けをしたい、シンプルに生活したい。
家の中が散らかるのは、多くの人の悩みです。
散らかっていると、その散らかった状態にコントロールされているように感じませんか?
人は誰かにコントロールされるのが嫌いです。
片付けたい!と思ったら、その状況から抜け出る準備ができたということ。
風水を使って、見えない視点から片付けをとらえてみませんか?


応援いただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

風水は中国で昔からエネルギーを流す方法として使われてきました。
都を造る時にも風水を使っているのは有名なお話です。
日本の平安京も、風水に適した場所に作られたことはご存知かと思います。

ここまで大きな事ではなく、個人宅でも家の中の家具の配置や片付けをしてエネルギーを整えます。
その結果、健康やビジネスなどよいことがもたらされるという対処方法が風水です。

あんずも以前、風水を学び生活に取り入れています。
最初に習った先生は
汚部屋にむとんちゃくだった頃に比べたら、さまざまなことが雲泥の差がありますね。


風水の基本は家を流れるエネルギーをスムーズにすること。
流れを止める一番の原因は、散らかった状態です。
ですから、散らかった状態でいくらラッキーアイテムを飾っても、もっと混乱してしまうだけ。
エネルギーが流れてこそのラッキーアイテムです。


家の中を流れるエネルギーとは?


エネルギーを別の言葉で言うと「」とも言えます。

元気、やる気、気持ちなど「気」を表す言葉はたくさんありますよね。
目に見えるわけではないけれど、動かしている何か源と言っていいでしょうか。

日本的な認識としては神様でしょうか。
八百万の神の国である日本は、神様があらゆるところにいると考えてきました。
山にも海にも川にも、そして家にも神さまがいらっしゃる。
家を守る年神様、台所を守る三宝荒神様、恵比寿様、大黒様。
神様をお祭りし、お供えし、ご利益を与えていただけるような環境を作ってきました。

神様が来てくださり、守ってくださる環境を作ることが風水の目的、と思います。


風水のポイント


風水で行う大部分は気を流すこと、または流れが早い時はゆっくりにすること。
散らかった状態は気が流れずに淀んでしまいます。
まるで流れない水が腐ってしまうかのような状態を作り出します。

また早過ぎる流れは、忙しすぎて焦っていて、リラックスした気持ちにはなれません。
淀んでる状態ばかりに目が行きがちですが、早すぎても疲れてしまいます。

部屋の状態を上手にコントロールすることが風水の大切なポイントです。


散らかった状態はなぜダメなのか?


散らかっていると気がスムーズに流れません。
人も物が散乱していると歩くのに苦労しますね。
気も同じように、物につまずいて自由に動けなくなってしまいます。

動けない気は、その場所でうずくまってしまい停滞してしまうでしょう。
そうすると、住む人にやる気の無さ、混乱した気分、単調な生活などの影響がでます。

エネルギーに敏感な風水コンサルタントは淀んだカビ臭さや、べたつく感覚を持ちます。


断捨離やこんまりさんの片付けは風水とは言っていませんが、部屋を整えることでエネルギーの流れを良くする。
その結果、精神的、身体的にも変化がでてくるという意味では風水と同じです。

家の中の散らかりを解決して「気」の流れを自由にすること。
そうすることで心の混乱も減り、人生の改善につながっていきます。
見えるものを通して、見えないエネルギーを整える意識で片付けをしてみてはどうでしょう?

次回も風水の視点から物についてお話させていただきますね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示