ホーム季節物 ≫ 栗ごはんで季節を味わう。いただいた栗を使って炊きました。

栗ごはんで季節を味わう。いただいた栗を使って炊きました。

20160907 栗ごはん


ご近所さんから「畑の栗が取れたので」と栗をいただきました。栗がやったきたなら、まず初めに食べたいのが栗ごはんです。

いただいた栗を使って、今年はじめての栗ごはんを炊きました。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

栗ごはん一番の難所・栗をむく


栗ごはんで一番、大変なのは栗をむくこと。栗はイガがあり、固い鬼皮があり、薄くて苦い渋皮があり、食べるまで大変な手間がかかります。この「何が何でも実を守る」姿勢が、すごいと毎年思います。

しかし、栗ごはんを食べたいならまずはここを突破しなくてはなりません。

私は鬼皮を柔らかくするために、沸騰したお湯に入れて冷ましてからむきます。全く何もしないと固くてむきにくく、手が痛くなります。水に数時間、つけておいてもいいですね。

コツとしては、おしり部分をスパっとまな板の上で切り、そこから上に向かって鬼皮をむく。そしてそれから渋皮をむくという2段に分けてむきます。

2回に分けるのは、鬼皮と渋皮では固さが違うので、包丁を変えるからです。鬼皮は切れすぎる包丁だと、刃がこぼれてしまうので、私は変えています。

むいたらすぐに水に入れてくださいね。

栗ごはんのレシピ


皮がむけてしまえば、後は炊飯器にお任せ。

今回のレシピ

米・・・3合
塩・・・小さじ1.5
だし昆布・・3cmX3cm程度
酒・・・大さじ1
水・・・炊飯器のメモリ通り

むいた栗・・・適量


栗は表面がほぼ隠れるほど、沢山入れました。量は食べたい分量でいいですよ。また、調味料を入れた後に栗は入れます。栗は、お米と混ぜ込まないで上に乗せます。中に入れてしまうと、お米の炊き具合に差がでてしまいます。

栗とは縄文時代からのお付き合い


栗の歴史は古く、青森県の三内丸山遺跡(縄文時代)からは直径80cmの栗の木を使った円柱根が残っています。青森に限らず、全国の縄文時代の遺跡からは栗が出土されていて、大切な食料になっていました。

また採取だけでなく、集落の周りに植えて栗林を作り、保護や管理、活用していた可能性も言われています。

縄文時代というと稲作が始まる前で、狩猟中心と思われがちですが、彼らは80%のカロリーを植物性食品から取っていたようですよ。(日本人は何を食べてきたか・原田信夫著より)

栗の主成分は炭水化物です。またビタミンCカルシウムも含みますし、それに甘くておいしいです。栗は重要なカロリー源だったのでしょうね。

栗の保存は?


栗は意外と保存ができません。時間がたつと水分がなくなり、縮んでしまったりします。また虫が出てくるかもしれません。そのため、数日で食べきりたいのです。

・冷蔵庫で
保存する時はむれないように新聞紙に包み、冷蔵庫か野菜室に入れます。新鮮な栗であれば、低温になるとデンプンが糖に変わるので甘くなるのです。これはじゃがいもも同じです。

・冷凍も
食べきれなければ、味は落ちますが冷凍することも可能です。よく洗って水を切りってから冷凍用のパックに入れて冷凍室へ。食べる時はそのまま茹でます。

栗は季節を楽しむ季節物です。新鮮なうちに食べたほうが味もいいですし、季節感も味わえます。手間はかかりますがちょっと頑張って、栗ごはんを炊いてみてはどうでしょう?

スポンサーリンク


関連記事

コメント

秋ですね。

おはようございます。

実りの秋はおいしいものが多いので、楽しみですね!
ひまわりさんの料理も楽しみにしています(^^)

ヨーグルト、作られましたか!
お役に立てれば嬉しいです~

私も久しぶりに作ってみようと思います☆

あんず | 2016.09.11 09:04 | URL


おはようございます。

栗ご飯、いいですね。秋はおいしいものがたくさんありますから楽しみです。w



以前記事にあった酒粕豆乳ヨーグルト作ってみました。(ようやくw)

美味しくできました。また作りますよ~。(≧▽≦)/

ありがとうございます。

ひまわり | 2016.09.09 08:43 | URL














管理者にだけ表示