ホーム料理道 ≫ 料理した後の山盛り洗い物。後片付けを楽にする3つのコツ。

料理した後の山盛り洗い物。後片付けを楽にする3つのコツ。

20160821 ワンプレート


料理した後の片付けが、嫌いなんですよね。」という方は多いですね。私もそう思います。さあ、終わった、と思ったらシンクにゴチャッと置かれた洗い物の山。これ片付けるのかぁ、と気分が下がります。

なるべく、そのような状況は避けたい。そのために私が実行していること3つをお話しますね。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

1 使う道具を少なくする


洗い物が増える理由は、次から次へと新しいものを使うから。だから、再度使えるようなものは、すぐに洗ってまた使うようにしています。

例えばお鍋。同時に作らないなら、同じ鍋を洗って使います。使った鍋をシンクにおいて、新しい鍋を使うとどんどん洗い物が増えます。

私の父は料理をするのですが、典型的な散らかし屋。父を見ていると、いかに人は散らかすのかよくわかります。この一つがこれ。次から次へと新しいフライパンを出してきて使います。洗い物も当然増えます。たまりません。

料理となべのサイズもありますが、問題ないのでしたら洗って使うほうが後が楽です。菜箸やフライ返しなども、さっと洗って再度使うほうが後の洗い物は楽です。

2 使い終わったらその都度、コンプリートする


煮物して、次にフライパンで炒め物する。そんな風に使う鍋類は一種ではすみません。その結果、料理し終わったらシンクには洗い物の山。

これを避けるために実行していることがあります。使い終わったらその都度、洗って元の場所に戻すこと。洗い物はたまってしまうと、労力が必要ですが、1つ2つなら、どうってことありません。だから一つの区切りの時、そこで一旦リセットをします。

文字色負担が少ないうちに、使い終わったものは洗って拭いて元に戻すこと。これを習慣にすると、後の片付けで楽できます。地味ですが、攻めの片付け方法ですね。

3 便利グッズなど1つにしか使えないものは増やさない


テレビや雑誌で料理を楽にする便利グッズがたくさん紹介されています。「買ってよかった100均便利グッズ!」なんて特集があると、思わず「どれどれ、今度買ってみようかな。安いし。」なんて誘われます。

ある番組で卵の湯で具合がわかるグッズ等、あると便利なちょっとした料理道具が紹介されていました。確かにゆでたまごの湯で具合にこだわる人は、あると便利ですね。こういったグッズはある特定の効果があるので、あれば便利とは思います。

ただ、こういった便利グッズはある特定のことにしか使えません。また一つ一つは小さいし、安いので購入するハードルはとても低い。だから「あったら便利だから」という気持ちで、どんどんと便利グッズが増えて続けていきます。そして使用頻度は低くても、何かを作るたびに便利グッズ登場でしょう。

使用頻度が高いのであれば、便利グッズは使えます。でも単にあったらいいな、程度なら物が増えて、それにつれて洗い物も増えます。物を増やさないことも、洗い物を少なくするポイントの一つだと思います。

*******************
料理をする上で負担になることを小さくしていく。それも料理へのハードルを低くすることにつながっていきます。

山のような洗い物はげんなりしますので、少しずつ工夫して楽に食事に移れるようにしましょう。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示