ホームからだを保つ ≫ 健康と美のための組み合わせ・ご飯+みそ汁パターン

健康と美のための組み合わせ・ご飯+みそ汁パターン

20160816 和食


和食の基本パターンと言えば「ご飯とみそ汁」です。このパターンは体を整え、内側から作る美人食の基本と言ってもいい組み合わせです。

ご飯&みそ汁が美人食なのか、理由を3つ説明しますね。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

体の基礎を作れるパターン


体の維持に必要な栄養素、炭水化物、タンパク質、脂質、そしてビタミン、ミネラル。食物繊維やファイトケミカルも忘れちゃいけません。

この基本的な栄養が、ご飯+みそ汁パターンで最低限取れるのです。

ご飯からは炭水化物がとれます。みそ汁からは大豆のタンパク質を始め、具材を変えたら多様な栄養が取れます。

海藻類、きのこ類でビタミン、ミネラルや食物繊維。油揚げや豆腐ならタンパク質やカルシウム。

同量の栄養を洋食ベースで取るのはかなり大変です。簡単に健康や美のベースを作れるのが「ご飯+みそ汁」パターンです。

完璧なタンパク質になる組み合わせ


意外かもしれませんが、ご飯はタンパク質も多いのです。お茶わん1杯ほどで卵半分くらいの量が取れます。ほとんど肉食していなかった昔の人は、お米からのタンパク質も重要だったのです。

ただご飯のタンパク質は体を作るには問題があります。

タンパク質はアミノ酸でできています。体はアミノ酸を分解したりして、多種類のアミノ酸を必要に応じて作ります。しかし作れないアミノ酸もあって、それは必須アミノ酸と言われます。これらは食事で取るしかありません。

このアミノ酸の一つ、リジンがご飯には不足しているのです。必須アミノ酸一つ不足しても、体は目的のものを作れません。髪も肌も美しく正常に作るには、アミノ酸を不足させてはいけないのです

けれども完璧な解決方法があります。ここでみそ汁(大豆)の登場です。大豆にはリジンが豊富にあるので、ご飯の問題が無事に解決します。

逆に大豆には、ご飯にあるメチオニンとトリプトファンが不足しているので、ご飯+みそ汁は不足を補う理想的なパターンなのですよ。穀物と豆の組み合わせは世界中にあります。

食べ過ぎ防止でダイエット効果あり


和食がヘルシーな大きな理由は、ご飯+みそ汁パターンがベースだからです。栄養面でもそうですが、このパターンはボリュームがあるので、食べ過ぎません。

普通の食事は汁物、ご飯から始まります。そうすることである程度、お腹を落ち着かせてからであれば、おかずが高カロリーであっても大丈夫でしょう。最初からおかずを食べるより、ずっとカロリーが抑えられます。

*******************
体調のよし悪しは気分に大きく作用しますので、整えておきたいものです。パンやコーヒーといったパターンが続いていたら、ご飯+みそ汁パターンに切り替えて大著の違いを感じてください。和食ベースだと体が楽だと感じることができると思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示