ホーム丁寧な食事 ≫ 丁寧な食事は目的ではない。あなたのサポーターとして使ってください。

丁寧な食事は目的ではない。あなたのサポーターとして使ってください。

20160728 和食


丁寧な食事をする人が増えて欲しいと思い、記事をアップしています。けれども、丁寧な食事をすることはあくまでも手段。ここがゴールになっては意味が無いと思っています。

何のために食事に気を使うのか、そのお話をさせてください。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

やりたいことのために体と心をよい状態に保つ


丁寧な食事はゴールではなく、あくまでも手段だと思っています。人が自分の目的に向かって歩いて行くための一つの道具だと

あなたのやりたいこと、力を注ぎたいことをするための身体と心を作ることが、丁寧な食事をする理由です。人生を思い切り生き抜くための体を作るためです。

うなぎの養殖業者さんが言っていました。「よいうなぎを作るためにはエサが一番大切なんです。」「泥臭くなうなぎに育てるには、エサが重要です。」
うなぎを健康で出荷するためにエサに気を使っているのですね。この話を聞いたときに、うなぎは気を使ってもらっている。でも食事を気にしない生活は、うなぎほどケアしていないっていないってことなのね、と思ったのです。

世の中には避けられること、避けられないことがありますが、食事に気をつけていたら避けられる病気も少なくはないでしょう。避けられることを避けて、やりたいことにエネルギーを注ぎたいのです。不要なことへのリスク回避のために食事を使ってください。うなぎに負けてはいられません。

体を保つにはやっぱり和食中心


どんな食事がいいかというと、和食ベースです。Foodは風土という言葉がありますが、人は長い間、住む土地で収穫できるものを食べてきました。寒い地域では、作物が育ちにくいので狩猟で取れたものを食べてきましたし、暖かい地方では育つ木の実を食べるといったように、それぞれ体に合う食事は違います。

日本人であれば、米を中心とした季節の野菜、海藻、小魚などでした。グローバル化された現代社会では、あらゆる国の珍しい物が手には入ります。けれども、それらはお楽しみとして、和食ベースにすることが体の負担をかなり減らしてくれます。

和食のメリットについてはこちらを⇒ 和食は美肌を作る食事。美肌の理由は若さだけではない?

心を幸せで包む


丁寧な食事をしてくと、自然と穏やかな気分になります。栄養が足りているから心が安定する理由もありますが、ひとつひとつ丁寧にこなしてくと、そこに愛を感じるようになります

食材から季節のエネルギーを感じたり、収穫したてのなすの色合いに力強さをもらったり。ささやかなことで幸せを感じる感性が鋭くなってくるから、心が安定してくるのです。

手をかけることは自分の気持ちを向けること。その気持は自然と周りに広がっていくので、友人を招いてみようか、お弁当を作って外にでてみようか。そんな、ゆるやかな交流が生まれてきます。

子供の頃の食べ物の鮮明な思い出があると思います。運動会のお弁当、遠足のおにぎり。庭で食べたスイカの味。人それぞれに甘酸っぱい思い出として残っているのではないでしょうか。

私の強い思い出は、祭り寿司。中に花や模様の入った太巻き寿司です。千葉の郷土料理で、お祭り(親戚や近所で集まる宴会)には必ずありました。祖母の穏やかな笑顔と共に、今でも思い出すと温かな気持ちになれます。

心の支えにもなっていくのが、気持ちのはいった食事ではないかしら。

*******************
丁寧な食事は、心と体を幸せにすることができます。あなたのやりたいことやるために、そして心の支えにもなる。あなたを支えるサポーターとして、食事を使って欲しいと思います

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示