ホーム作りおき ≫ 季節のレシピ。あんずジャムとあんず酒を作りました。

季節のレシピ。あんずジャムとあんず酒を作りました。

20160614 あんずジャム


庭のあんずを収穫し、あんず酒とジャムにしました。あまり量は取れませんでしたが、何とかあんず酒1本、ジャム一びんほどは作れました。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

甘めのあんず酒


たくさん収穫できれば、皆さんを呼んでお分けしたかったのですが今年は外れ。残念です。

それでも少しは取れたので、あんず酒とジャムを作りました。

20160614 あんず酒


あんず酒の分量は
・ホワイトリカー30度 1,8リットル
・あんず 1kg
・氷砂糖 400g


あんずを洗ってよくふいてから、焼酎で殺菌したビンに砂糖と入れました。そこにホワイトリカーを注ぐ。いたってシンプルな作り方です。

数カ月後には飲めるでしょう。甘めにしたので、飲みやすいと思います。

お酒はあまり飲めないので、甘めのカクテルや梅酒程度のジュース系がいいですね。二日酔いになったときのことを考えると、そこまで飲みたくないと思う真面目派です。

会社の後輩に「二日酔いになるのが嫌なら、最初に薬を飲んでから飲みましょうよ!」と誘われたこともあります。しかし、なんで薬を飲んでまで飲みたいのか私には理解できませんでしたね。本当にお酒が好きな人は、そうなのかな?あなたはどうですか?

手作りあんずジャムは子供の頃の夢


あんずジャムはお菓子に入れてもいい、また自家製の豆乳ヨーグルトにかけてもいい。作り方も簡単ですからね。

ジャムを食べるライフスタイルではないのですが、あんずジャムはお菓子のつやだしにも使えるので、あると重宝します。

20160614 あんずジャム 2


1 あんずを半分に切って、中の種をとり、筋を包丁で取る。
2 あんずを適当な大きさに切る。
3 鍋にあんずとあんずの重さの40%のキビ糖を入れて一晩置く。
4 鍋を弱火にかけてアクをとりながら、好みの固さまで煮る。


舌ざわりのよいジャムを作るなら、(1)は大切です。筋は煮ても溶けないので、食べた時にザラッとしますから。何年か前に筋を取らずに作って本当に後悔。後で裏ごしする手もあるますが、最初から取ったほうが手間がかかりません。

また固さですが、少しゆるめで火を止めます。冷めると固くなるので、ちょうどいい固さより、少し柔らかめの時に火を止めるとちょうどよくなります。

*******************
庭で取れた季節の果実を使って、ジャムを作る。子供の頃に憧れていたなあと想い出しました。これも夢を叶えたってことなのでしょうね。ふと思い出した子供の頃の夢でした。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

コメント、ありがとうございます!

おさきちさま

コメント、ありがとうございました(^^)
以前はいただけたものが、いただけなくなるのはさみしいですね。

あんずジャム、おいしいですよね。
手作りジャムのよさは、煮詰め具合を好みにできるからかなと思います。

あんず | 2016.06.15 10:46 | URL


あんずジャム好きです。
最近は戴ける方がいないので
残念です。

おきさち | 2016.06.14 21:47 | URL














管理者にだけ表示