ホームからだを保つ ≫ 嗜好品が食事になっていませんか?

嗜好品が食事になっていませんか?

20160613 お稲荷さん


嗜好品と食事を区別していますか?嗜好品が食事になっていませんか?

嗜好品とは何か、そして区別する理由をお話します。そして今、話題の病気も食事と大きな関係があるらしいのです。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

嗜好品とは?


私が嗜好品と思っているのは、砂糖、小麦粉、カフェイン、油、乳製品です。これらは常食するのではなく、お楽しみで食べることを心がけています。

嗜好品とは体が常食するほど必要としていない、つまり体を正常に保つには必ずしも必要ない食品です。どちらかというと、心の潤いのために欲しくなる食べ物ですね。

嗜好品と食事を区別する理由


嗜好品と食事をきっちり分けたい理由は、体を維持するためです。病気にかかりにくい体を作りたいからです。

体を作ってきたのは、子供の頃から今まで食べてきたもの。食べたものが細胞を作り、血や肉を作り、体の状態を作り出してきました。体に負担のかかるものを、例え少量でも何年も食べ続けていたら、何らかの症状として現れるでしょう。逆によい物は健やかな体を作ってくれます。

現実を考えたら、常によい物だけを食べることは無理でしょう。しかし、食事と体は切っても切れない関係だと理解して、食べるものを選択していくとはできます。先に上げた食品は嗜好品と考えて、それらを使った食品を少なめにすることは、体を保つ上で大切な要素です。

乳がんは食事と関係がある?


食事を変えたら全てが解決するとは思いませんが、お伝えしたいことがあります。

今話題の乳がんは食事の影響が強い、という考え方です。以下、参考まで2冊ご紹介します。

・乳がんから命を守る食事法 幕内秀夫
栄養管理士の幕内秀夫氏は、多くの乳がん患者さんと接してきてある共通点を見つけました。それは「ご飯を食べないライフスタイル」でした。医者でもないのに乳がんに関する本を出版すれば当然批判も出るだろう、しかし膨大な患者さんの食事を見てきた食のプロである自分が、乳がんと食との関係を訴えなければ、重大な事実が埋没してしまうと、出版の決意を「乳がんから命を守る粗食法」で述べています。

ご飯を食べないライフスタイルだと、洋食ベースになるので油やバター、生クリームなどの乳製品、お菓子も食べれば砂糖も含め、嗜好品の割合が高くなります。嗜好品は体を作る材料としては不足ですから、健康な体を維持しにくくなるでしょう。

・乳がんと牛乳 ジェイン・プラント
また、もう一つご紹介したい本があります。こちらはもっと衝撃的なタイトルで「乳がんと牛乳」。自身が乳がんになり、原因を探していき真犯人を突き止めるまでがストーリーとデータで語られている本です。

西洋人に比べて東洋人の乳がん罹患率が低いわけは?を出発点として、大きな違いは乳製品の摂取量だと語られています。

著者のジェイン・プラントさんは地球学の教授なので、原因を科学的なデータを使って導き出しています。また彼女の研究が医学に多大なる貢献をしたとして、英国王立医学協会の終身会員にもなりました。

嗜好品は嗜好品として楽しむ


以上、2つの本を読んで思うのは、体をきちんと作れる食事をしなくてはいけないな、ということ。そのためには、体を作る食事と嗜好品を知って、区別すること。

嗜好品は嗜好品としてならば、問題を起こすことはないのです。気持ちで食べる分には人生に楽しみを作ってくれます。ただ、それらの割合が多いと不都合がでやすい。

嗜好品が少ない食事は難しくありません。幕内秀夫氏のいうようにご飯を食べる食事、和食がベースにするだけでいいのですから。パンやパスタといった洋食ベースより、ずっと食事らしくなります。

*******************
乳がんと食事との関係をすでにご存知の方も多いと思いますが、大切な情報だと思いご紹介しました。詳しくは本を読んでいただき、各自で判断してください。

私、牛乳はにおいが好きでないので、お店でもあれば豆乳を使った物を選んでいます。チーズは好きなのですが嗜好品として時々、楽しんでいます。月に1回あるかないか程度かな。自分で体を守る意識を持って食事に気を配りたいと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

コメントありがとうございます。

ひまわりさま

牛乳はいろいろな話が賛否両論、両方ありますね。
どんな情報を自分が選択するか、で行動が変わってきます。
白か黒か?はないので、嗜好品としてたまに楽しむ、ここに落ち着きました。

私もひまわりさんと同じように豆乳を選んでいます。
そちらのほうが体にあっている感じがします。

あんず | 2016.06.13 21:49 | URL


こんばんは

なるほど。「嗜好品と食事の区別」これは理にかなった考え方ですね。

とても参考になりました。

牛乳はホルモン剤、骨粗しょう症との関係とかもうわさされていますね。動物愛護の観点からも合わせて私は豆乳を選ぶようになりました。

ひまわり | 2016.06.13 20:06 | URL














管理者にだけ表示