ホームレパートリーを増やすテク ≫ レパートリーを増やす!ポタージュの作り方をマスターしよう。

レパートリーを増やす!ポタージュの作り方をマスターしよう。

20160518 ポタージュスープ

レパートリーを増やす方法をご紹介していきますね。レパートリーを増やすには、共通する調理の作り方をマスターすること。そうすれば材料に関係なく作れるので、レパートリーが広がっていきます。時短テクにもなりますね。

まずはポタージュスープの作り方をマスターしましょう。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

ポタージュスープの作り方


ポタージュの基本的な作り方をマスターすれば、季節の野菜でさまざまなスープができます。とても簡単なので、覚えておきましょう

■材料
じゃがいも・・1個(約80g)
玉ねぎ・・・1/2個(約100g)
水・・・1カップ
豆乳・・・1/4カップ
塩・・・小さじ1/4
こしょう・・・適量
菜種油・・・適量

好みで季節の野菜

■ベーシックレシピ
20160518 soup1

1  じゃがいもは皮をむいてスライス。玉ねぎは繊維に直角にスライス。

20160518 soup2

2 鍋に油を入れて温め玉ねぎを入れて炒める。

20160518 soup3

3 全体的に油が回ったら水、大さじ1を加えてふたをして蒸し煮する。

20160518 soup4

4 玉ねぎが柔らかくなったら、じゃがいもと水を加える。柔らかくなるまで15分ほど煮る。(季節の野菜を加える場合は、この時に入れて煮る)

20160518 soup6

5 粗熱が取れたら豆乳を加えて、ミキサーで撹拌する。

20160518 soup7

6 鍋に戻して塩コショウで味と整える。

----------
・ポタージュは冬は暖かくして、夏は冷たくして頂きます。中途半端なぬるいポタージュはおいしくありません。おいしくいただくには、温度に注意。

豆乳はミキサーで撹拌すると、固まりになりません。後から鍋に入れて火にかけると、固まって舌触りが悪くなりますよ。

・味見しながら調味料を加減します。加える野菜によって味が変わりますから、必ず舌で確かめます。

どんな野菜で応用できる?


玉ねぎとじゃがいもは基本の野菜です。ここに季節の野菜を加えると、レパートリーが一気に増えますよ。

使える野菜としては
・ブロッコリー(芯もおいしいです)、人参、かぼちゃ、きのこ類、とうもろこし、そら豆、ごぼう、大根かぶ などなど・・・

今回の写真はそら豆を使いました。

ポタージュとスープの違い


一般的に言って、ポタージュスープとは濃度のあるクリーム状のなめらかなスープ。具材の形はありません。

一方、スープは透明で具材の形があるタイプです。

一番わかりやすいのはとうもろこしでしょう。
・コーンポタージュ・・・コーンの形はないクリーム状
・コーンスープ・・・コーンの形があり、スープも透明。

ちょっとした豆知識ですので、頭のすみに置いておいてください。
*******************
これからひとつずつレパートリーを広げるためのテクニックをご紹介していきますね。

さあ、一緒にレパートリーを増やしていきましょう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示