ホーム食材シリーズ ≫ 意外と簡単なスプラウト栽培。アルファルファを育ててみよう。

意外と簡単なスプラウト栽培。アルファルファを育ててみよう。

20160516 スプラウト 種


スプラウトを自分で栽培する方法をお話します。

スプラウトは丁寧な食事に取り入れたい食材です。スプラウトは自分で作れるとご存じですか?意外と簡単にできるのですよ。

新鮮さ抜群な自家製栽培のスプラウト。今回はアルファルファ栽培方法です。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

意外と簡単な栽培方法


それでは栽培してみましょう。栽培キットも売っていますが、家にあるもので作れますよ。

■準備するもの
ビン、布(ガーゼなど水を通すものがいい。ハンカチでもオッケー)輪ゴム、アルファルファの種

■栽培方法
1 ビンに種と水を入れて一晩浸す。
2 水を捨てて布で口をおおい、輪ゴムで止める。ビンを斜めにして暗い場所に置く。
3 次の日から朝と晩に水をビンに入れて、種全体に水が回るようにする。それから水を捨てて、布で覆い斜めにして暗い場所に置く。
4 発芽してある程度大きくなったら水で洗う。

これだけでスプラウトが育てられるのですよ。
スプラウトを食べたい理由はこちらに書いてあります。⇒サラダにはスプラウトをプラスして。スプラウトを食べる3つのメリット

アルファルファ成長の記録


写真で見てみましょうね。
トップの写真は水で浸し1日たった写真です。栽培方法(1)のところですね。

こちらは2日めの写真。このようにビンを斜めにします。
種からちょっと足が出てきました(^^) 朝晩、ちゃんと水を吸わせてあげましょうね。

20160516 スプラウト1


3日め。だいぶ伸びてきました。

20160516 スプラウト2


4日め。にょろにょろが長くなってきましたよ。まだ種を皮をかぶったものが多いですね。

20160516 スプラウト3


5日め。大さじ1ほどの種が、ビンいっぱいになりました。育ってくれて嬉しいですね!根もしっかり伸び、葉も薄い緑になったのでこれでいただくことにします。

20160516 スプラウト4


育てる3つのコツ


アルファルファは日に当てなくていいので、初めての方は育てやすいです。それでも、育てるコツがあるので、ご紹介しますね。

1 暗いところにおく
種が普通に発芽する状態を作ってあげます。通常は土の中、暗い場所で発芽します。そのためスプラウトも同じように、日の当たらない場所に置きます。私は戸棚の中に置いています。

2 水は2回
発芽は水と温度が必要です。水がなければ枯れてしまいますから、朝晩水をリンスします。

3 斜めに置く
水は必要ですが、ずっと水の中では腐ってしまいます。不要な水が切れるように斜めにすることもコツです。

食べるまでの日数は季節(温度)にもよりますが、だいたい1週間前後です。しっかり根っこが伸び、双葉が黄緑になれば食べごろです。

***********************
アルファルファには栄養もたっぷりあります。明日の記事でご紹介しますね。

種はネットで簡単に入手できます。自分で育てたら可愛さも倍増!簡単に作れるスプラウトを試してみては?

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示