ホームからだを保つ ≫ 丁寧な食事は将来の健康リスクも減らしてくれます。

丁寧な食事は将来の健康リスクも減らしてくれます。

20160429 ランチ


丁寧な食事をしたいと思う人が増えています。外国の食べ物も季節を違えた野菜も、簡単に手にはりる豊かな時代なのに「丁寧な食事がしたい」と考えているのです。

なぜ丁寧な食事を求めるのでしょう?その理由を探ってみました。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

丁寧な食事とは?


丁寧な食事は「よい食事」と言いかえることができます。

よい食事とは
1 おいしくて栄養が取れる
2 喜びを感じる

身体と心に嬉しい食事を言います。

丁寧な食事を求めるということは、上記の2つが欲しいから。逆に考えると、普通の食事をしていたら得られないということですね。

他人事ではない将来の自分へのリスク


世界の多くの人が、地域の伝統食を食べていた時代と、グローバル化が進んで何でも食べられる時代とでは食事は大きく異なります。

昔は量さえ食べられたら、身体の健康を維持できる食事でした。不足からくる病気や栄養失調の時代でした。

ところが現代は違います。今では食事が病気を生み出すようになってしましました。生活習慣病と言われる病気は、ライフスタイルからくる病気です。当然、食事も原因の一つ。何も気にせず、普通の食事を長期間、食べていたら、健康が維持できない時代に入ってると言えるでしょう。

毒ではないので食事の影響はすぐには出てきません。影響は5年後、10年後かもしれません。
しかし、10代、20代ならいざ知らず、30代後半になったら食事の選択は、老後の状態に直接関係してくるでしょう。よい食事は痴呆や介護などのリスクを減らしてくれるのですから。

丁寧な食事 = よい食事 = 病気のリスクを減らしてくれる食事 と言えます。

丁寧な食事をしたいと考える人は、無意識に「このままではダメだ」と感じ取っているのではないでしょうか?将来の自分へのリスクを減らしたいと考えているのだと思います。

丁寧な食事にするには?


よい食事は身体と心を満たしてくれ、病気のリスクを減らしてくれるものでしたね。まずは身体を満たす食事について考えましょう。
普通の食事をよい食事にするには、「野菜や果物などがふんだんに入った食事」にすることです。

1980年代からふんだん食べている野菜や果物、穀物の研究・分析が進みました。そして植物が身を守るための物質(フィトケミカル)多数、確認されました。その物質は人間にもよい作用があり、がんや他の病気を予防する働きがあることがわかったのです。

これらの物質は植物にしか含まれていません。つまり肉が多い食事では、摂取する量が少ないということです。

身体へよい影響を与えるなら、野菜、果物、穀物を多く取り入れましょう。

野菜のメリットについてはこちらにも書いています。⇒美しい人は野菜をたくさん食べている?美しさを保つために野菜を食べたい理由は?

心も満足できる食事にするには?


もう一つ、心が喜びを感じる食事について考えてみましょう。

家族や友人との楽しく話ながらの食事は心満たされます。楽しいです。しかし、一人暮らしの人も多いですし、毎日友人とごはんを食べるのもお互いの予定もありますから無理な話です。

しかし、人との会話以外にも心がほっとする食事をすることはできます。

自分の手をかけることです。

自分の手をかけることとは、加工品を少なくすること。顔(原材料)の見える食材を増やしていくことです

例えば缶のオレンジジュースと今、オレンジを絞ったジュースと、どちらが心踊りますか?当然、今しぼったジュースだと思います。

理由は、今しぼったフレッシュ感や元の形が見えるものから作られたからです。そして元の形が見えるもののほうが、おいしいし栄養価が高い。それを心はわかっているからウキウキします。

レトルトのごはんを買ってくるより、自分で炊いて冷凍したごはんのほうがずっと満足感もありますよね?

ごはんの関連記事はこちら⇒ごはんを常備して美人ごはん。常備したい理由と方法をご紹介。

**********

心と身体が喜ぶ食事は丁寧な食事です。そして将来の病気のリスクも減らしてくれる食事でもあります。

野菜などを増やすこと、加工品を減らすこと。2点を意識して歳をとっても病気知らずでいましょう。日々の積み重ねでなんとかできることは、やっていきましょうね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示