ホーム和 食 ≫ 大人女子は白とグリーン2色の白和えがシック。自分の舌を信じて作ってみては?

大人女子は白とグリーン2色の白和えがシック。自分の舌を信じて作ってみては?

20160328 白和え


惣菜系おかずは何だかほっとする安心します。
この安心感はおうちごはんの醍醐味です。

惣菜の中で、ちょっと上品と思うのが白和え。おもてなしにも使える上品なお惣菜、白和えをご自身の定番にしませんか?

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

大人女子の白和えは白とグリーンの2色で


白和えは豆腐をベースに練りゴマ、醤油、甘みを入れて作る和え衣。それを野菜や乾物などの素材と合わせた、シンプルでいて上品な一品です。
懐石料理にもよく出てきますよね。

豆腐を使うので、ごま和えなどに比べたら傷みやすい。ですからお弁当よりも、おうちごはんの一品におすすめです。

こんにゃくを入れたり、人参も加えたりしてもいいのですが、今回は2色。白と緑のシンプルでシックな色合いにしました。大人女子が作っている印象になるかしら、と思って(^^)

作り方ですが、今回は「適当」にご説明します。いえ、ご自分で作れるようにご説明はしますが「味見しながら」を軸にしますので、自分の「おいしい」と思う量を増減してください。軸があり、振れ幅を自分で決める、初心者さんから一歩進んだ味の作り方です。
自分のおいしいを探し、つくり上げることも料理の醍醐味の一つです。
さあ、それでは、始めますね。


1 菜の花は熱湯で1分ほど茹でて、ざるで冷ます


沸騰したら、菜の花を立てて軸の部分を10秒ほど湯がきます。この時の10秒は長く感じますね。そうしたら菜の菜全体をお湯に沈めます。
途中、一本取り出して軸の部分をちょっと切って味見。余熱で柔らかくなるので、少し固いくらいが基準かな。1分が目安です。
そして、ここがポイント。お湯からあげたらそのままざるで冷まします。水に取らないでください。水っぽくなってしまうのです。


2 和え衣の豆腐を水切りしておく


水分が多いと味が寝ぼけてしまいます。だからしっかり水切りをしましょう。
今までキッチンペーパーを使っていましたが、さらしを買ってからはさらしで巻いて重しをしています。さらし、便利ですよ~

関連記事はこちら ⇒ 料理用のオーガニックコットンさらしは購入して大正解。ただ1点、残念でしたが。

3 すり鉢で豆腐をすり、練りゴマを加えて混ぜてから調味料を入れる


豆腐をすり鉢に入れて細かくします。
練りごまは大さじ1くらい。
よく混ぜてから、甘み大さじ1、醤油を小さじ1ほど入れて混ぜていきます。

甘みは今回は煮切りみりんを使いました。キビ糖やてんさい糖でもいいですね。
醤油は少しずつ加えてください。甘みは少し強くても食べられますが、塩辛くなってしまってはどうしようもない。ですから味見をしながら、甘み、醤油をを足していきます。


白和えの仕上げるコツは練りごまの風味が、いかに豆腐とバランスを取るか?だと思うのです。
ここは味見をしながら、練りゴマの風味をしっかり、でもしつこくない程度に感じられるか?をチェック。そして塩で味を整えます。

4 菜の花と和える


菜の花と和えます。ここでは菜の花を3cmほどに切って、ぎゅっと絞ってから和えます。水っぽさは不要なので、きちんと絞ってください。
ここもポイントです。

最後にもう一度、味を見て塩を足すか考えます。そしてトッピングにすりごまを振っても(^^)

--------------

和え衣が作れたら、具材はあるものでオッケーです。こういったものをいくつか覚えておけば、レパートリーが一気に増えます。また冷蔵庫の中の食材で作ることもできるようになります。

このような要素があれば、レパートリーは広がっていきますね~
ごはん作りが楽になります(^^)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示