ホーム和 食 ≫ だしがらをつかってたけのこのおかか揚げ焼き。エグみをマイルドにする料理法です。

だしがらをつかってたけのこのおかか揚げ焼き。エグみをマイルドにする料理法です。

20160328 たけのこ

たけのこのおかか焼きです。

たけのこにおかかをまぶして、多めの油で両面焼いた一品です。
できたら温かいうちに食べたい。そのほうがエグみが和らぐからです

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

前回でだしがらのふりかけを作りました。

関連記事はこちら ⇒ 勝浦産のかつお節はだしがらもおいしい。だしがらで作るたけのこのかつお節和え。

最初にかつお節を乾煎りするのですが、これをたけのこにまぶしました。
たけのこのエグみを取るために下処理をしますが、市販品のように全くエグみがなくなるとはなりません。

たけのこの楽しみは、味だけではなく食感もあります。またエグみも春の食材の特徴ですから、全く無いのもたけのこらしさがなくなる気もします。だからエグみをある程度抑えつつ、楽しみたいと思います。


エグみをマイルドにするには?


エグみをマイルドにするには
1 新鮮なたけのこを使う。
2 早めに下処理する。


エグみの元はシュウ酸やホモゲンチジン酸です。これらの成分は掘ってから1日たつと、2,3倍に増えます。だから早めに下処理したいのですよね。

3番目として、料理でエグみをマイルドにします。

・細かく切る。
・味付けを濃い目に。
・熱いうちにいただく。


細かくすると一つ一つのエグみが少なくなりますからね。ただザクッとしたたけのこ独特の食感の楽しみは減りますが。

また醤油、にんにく、スパイスなどで味付けすると、調味料も主張するのでエグみを感じにくくなります。

そして温かいうちにいただくこともエグみを感じさせない方法の一つ。天ぷらや今回、ご紹介する揚げ焼きは温かいほうがおいしい。厚めのたけのこをつかうので、たけのこの持つ食感も楽しめますしね。

これは温かいうちにいただきたいので、お弁当よりおうちごはんがおすすめです。揚げたてをいただけるおうちごはんのぜいたくさを十分、味わえます。


たけのこのおかか焼き


今回はだしがらがあったので使いましたが、削り鰹を細かくしたものでもオッケーです。

--------------
■材料
たけのこ・・・適量
かつお節を細かくしたもの・・・適量

米粉(小麦粉)・・大さじ1
水・・・・・・・・大さじ1

塩、菜種油

■作り方
1 たけのこを食べやすい大きさに切る。

2 米粉と水を混ぜて、たけのこをくぐらせる。

3 (2)をかつお節の細かくしたものをつける。

4 フライパンに多めに油を入れて温め、両面を焼く。

5 塩を振っていただく。

--------------

おかかの衣に塩を入れて味をつけてもいいですね。最後にふる塩は、山椒とか柚子とか入っている塩でも楽しい。

たけのこの季節はこれから。飽きるほど、食べておこうかと思います(^^)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示