ホーム和 食 ≫ ごま和えをいつもより手間をかけて作る。ホンの少しの手間を掛ける時間が丁寧な暮らしを紡いていくのかな。

ごま和えをいつもより手間をかけて作る。ホンの少しの手間を掛ける時間が丁寧な暮らしを紡いていくのかな。

20160317 ごま和え

あたりまえの料理をおいしく作りたいと思っています。特別なことではなく、普通にあることの質を高めることが、丁寧な暮らしなんじゃないかな~って。

今日は「菜の花のごま和え」を丁寧につくってみました。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

個人的・丁寧なごま和えとは?ランキング☆

1 洗いゴマを煎ってすり鉢であてる。

2 いりゴマを煎ってすり鉢であてる。

3 すりごまを使う。

4 市販のごま和えの素を使う。


3のすりごまを使って作るごま和えもおいしいです。しかし、今日は1ランクアップの「いりゴマを使ったごま和え」を作りました。


1 ごまを煎る


まずはいりゴマ、大さじ2をフライパンに入れます。弱火と中火の間の火加減で、しばらく煎ります。

20160317 ごま和え 2


そして、どこまで煎るか? ここがポイント。

よく1,2粒がはじけたら、と言われますがそこまで煎ると焦げ臭い感じがします。すでに煎ってあるごまなので、ゴマ粒の中まで温まればいいと思います。ごまが弾けなくても、食べてみて香ばしさを感じたら、そこでストップします。

2 すり鉢であてる


すり鉢を使う。これだけでもおいしそうな感じがします(^^)

私は大きなすり鉢ではなく、小さな小ぶりのすり鉢を使います。

20160317 ごま和え 3


ここでの注意点。すり具合によって味が変わりますよ。

・半ずりはあっさり目の味に
・もっとすって油をだせば、コクのある味に


気分、体調、季節によってすり具合を変えてください。

3 味を入れる


さて、ごまがすれたら味を入れましょう。

醤油を大さじ1/2。甘みを大さじ1/2加えよく混ぜます。

甘みはてんさい糖、キビ糖、メイプルシロップ、煮切りみりんなどを使います。今回は手軽なキビ糖を使いました。

4 具材と和える


菜の花は1分ほど茹でて、そのまま冷まします。3cmほどに切って、ぎゅ~っと水分を搾ります。

ここ、きちんと搾ってくださいね!水分が多いと味が薄くなってしまいますから。

「これでもか~」ってイメージで(^^)

女性の力では、どうがんばってもそんなにきつくは搾れませんから「野菜が壊れちゃう~」と心配なさらずに☆
そしてしぼれたら菜の花と和え衣を和えましょう。

最後に味見をして、塩を加える事もあります。この辺の微調整はお好みで☆


*************

いつもよりホンの少しだけ、手間をかけてみる
その手間は愛情だと思うのです。

手間をかけて、それに集中していると
ほっとしたり
温かい気分になったり
幸せな感じがしたり


今を生きている感じというのかな。地に足が付いている時間を生きている感じがします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示