ホーム料理道 ≫ 常備菜だけに頼るライフスタイルよりも、ライブ感を楽しめる食事を取り入れたい時に必要なスキルはこれ。

常備菜だけに頼るライフスタイルよりも、ライブ感を楽しめる食事を取り入れたい時に必要なスキルはこれ。

20160217 常備菜

常備菜を作るのは毎日のご飯のお役立ちです。

ただ、常備菜だけに頼るのはどうかな?と思うのです。もう一つ、身につけておきたいスキルがある気がします。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

きっちりは性格的に向きませんでした


以前は1週間、常備菜のみで何とかしたいと思っていたのです。もちろんこれは有効な方法で、常備菜があればご飯と味噌汁を作れば食事になりますから。

1週間常備菜生活をするには、1週間の計画を立てて週末に何を作るか明確にします。そのための食材もリストアップして買い出しに行く必要があります。

チャレンジしてみたのですが・・・

B型の性質のためか?(いや、そんなことはないのだけれど(^_^;))きちんとできたら素敵なのだけど、とっても憧れがあるのだけれど、そんな風にはできない自分がいました。

料理はライブのよう


料理はライブと似ていると思うのです。あらかじめ決まっておらず、今・ここで何を作るか
そんなライブ感があるのが、楽しいのですよ。

ぜ~んぶ決めてしまうと、このライブ感が少なくなってしまってつまらない。どうも私は「今、あるもので作れる」ことが好きなようです。

もちろん、1週間全て見通せる感覚に安心感を覚える方もいるはず。これはいいとか悪いではなく、何が楽しいと思うか?の違いじゃないかな、と思います。

あるもので作るためのスキルとは?


そんな人が必要なスキル。「今ある食材で何かを作る」には、持っておくべきもの

それは「料理法・手法」を身につけておくこと。今ある食材で作るには、料理法を知っておくことです。

例えば
・あんかけ
・煮浸し
・クリーム煮
・炊き込み
・炒めもの
・ソース、ドレッシング


手法を知ってくと、材料関係なく作ることができます。

ですから、レシピを見る時に

「これはどんな方法で作っている? 応用できる?」と思って見ていると、だんだん見えてきて、材料関係なくぱぱっとできるようになります。そんなやり方をまとめてみてもいいかもしれないな、と今思いました。

*******************

丁寧な食事をしたい、と思っても方法はひとそれぞれ。どこが心地よいのかが見極められたら、ずっと楽にできるようになります。
自分の落とし所をつかむこと、ですね。

私は常備菜を使うこと、今あるもので作ることのバランスがようよう取れてきた感じです。週末に作る常備菜は少なくなりましたが、心地よいバランスで作れるようになりました。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

孝ちゃんのパパ様

ご訪問、ありがとうございます。
FC2のお知らせで訪問させていただきました。

パパ様の文章から奥様のお人柄が忍ばれます。
切ないほどの愛情を文章から読み取れました。

早くお食事を楽しめるようになりますことを、お祈り申し上げます。

あんず | 2016.02.18 09:42 | URL


こんばんは。

妻もけっこう料理は得意でした。
妻が旅立ってからは、ご飯は口に入れば良いという生活です(笑)
いつか食事を楽しむ生活が再び訪れることを願っている今日この頃です(笑)

ところで、FC2のお知らせからお越しくださったのでしょうね。
ありがとうございます。

おかげさまで現在大変なことになっています(笑)
訪問してくださった方が多過ぎて時間が足りません。

と、いうわけで本日はこれで失礼いたします。
ありがとうございました。

孝ちゃんのパパ | 2016.02.18 02:44 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示