ホームモーニングノート ≫ モーニングノートをライフスタイルの一部に。やってみて感じる効果とは?

モーニングノートをライフスタイルの一部に。やってみて感じる効果とは?

20160215 モーニングノート


モーニングノートの効果とは?

今回は食関係でなく、ライフスタイルの一貫としておすすめしたいモーニングノートの効果について。

簡単であり、私たちに必要なメッセージをくれる協力なツールなのですよ。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

モーニングノートにはお世話になっています。

個人的には占いより効果的な結果を得ていますね。

もやもやしたものがスッキリ!という効果を何回も得てきました。

モーニングノートとは?


「忘れた夢を取り戻す」モーニングノート。

書籍「ずっとやりたかったことを、やりなさい」ジュリア・キャメロンが提唱しています。


やり方は簡単。

朝起きてすぐベットの中で、3ページなんでもいいから書くこと。

出てくることを、何も気にせず書くだけです。

「書くことがない~」のであれば、自分の名前を書きましょうか。



効果1 自分を止めている信念が見つかる


実際にどんな効果があるでしょうか?

やってみて思うことは

無意識に隠れている自分を縛っている観念が表に出てきて行動できるようになる。

どうしても行動できない、頭でわかっているのにできない。

そんなこと、ありますよね?

自分の中で行動させない思考・信念があるからです。
でも表に出てこないので「どうして私は意志が弱いのだろう。」など自分を責めてしまう。


この信念は人それぞれ。
その人にしかわからない、他人には見えない部分があります。

本当に些細なことかもしれないのです。

でも見えていないから、お化けのようになってあなたをフリーズさせているのかもしれません。

そのお化け退治に役立つのがモーニングノート。

「え? ここがポイントだったの?」

と自分で納得できて、スーッとお化けが消えていきます。

そして一歩を踏み出すことができる。

なりたい自分になるための一歩を後押ししてくれるのが、モーニングノートの効果です。


効果2 知りたいことを教えてくれる


知りたいことを寝る前に質問します。

「旅行に行きたいのだけど、ハワイとヨーロッパのどちらがいい?」
「次に進むために、今やっておくことは?」
「私の一番欲しい物って何?」


旅行の選択から、深い話まで知りたいことであればなんでもいいのです。

そして眠りにつきます。


寝ている間は脳がゲシュタルトを再構築する時間なので、奥に隠れていたものが見えてきたりします。

*ゲシュタルトとはいくつかの要素から成り立っている文字などを、一つの概念と認識していること。
例えば漢字はパーツから成り立っているが、全体を一つの感じとして捉えている。


脳というコンピューターに質問をインプットすると、処理されて最適な「答え」をアウトプットしてくれます。

問いによって答えの時間は違いますから、毎日コツコツ繰り返すのがポイントです。


私も何度も質問の答えをもらいました。

まるでおかかえカウンセラーか占い師がうちにいるようですよ。

これだけでもモーニングノートをやる価値があると思います。

ぜひ、お試し下さいませ~


**************

モーニングノートで検索して来てくださる方が、結構いらっしゃるので感じている効果を書いてみました。

正直言うとしばらくやっていなかったのですが、やり始めたら効果がすごい!

具体的には「フリーズ状態の解決法は?」と聞いたら答えてくれました。

頭でわかっているのに
やらないと後が大変なのに

まるで試験前の「勉強しなきゃけないってわかっているのに、できない」(^_^;)状態。

モーニングノートのお告げは

「あなた、ネガティブな結果にフォーカスしすぎよ~」

これ、取り立てて特別なことじゃないですよね?

誰かにアドバイスされる常識的なこと。

しかし、自分の中から出てきたことがポイントです。

自分の中から出てくると、ツボを押してもらった感じで納得できるのです。

やってみようかな、興味あるかたはノートとペンがあればできますから、お試しあれ!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示