ホーム常備菜 ≫ 常備菜にもなるブロッコリーのごま和え。上手に作るコツはここ。

常備菜にもなるブロッコリーのごま和え。上手に作るコツはここ。

20160214 ごま和え


もう一品ほしい時に、簡単にできるブロッコリーを使ったごま和え

ちょっとしたポイントをつかむだけで、いつも違ったごま和えになります。

そんなコツをご紹介しますね。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

ブロッコリーを茹でておけば、ささっと和えるだけ。

和え物はあと一品欲しいな、と思う時に簡単に作れますので重宝します。

今回の和え物は色が緑だけなので、ちょっと地味なのですが(^_^;)


和え物をおいしくするポイントはここ


それでは早速作っていきましょう。

分量など気にしなくてできますよ。


1 はじめにブロッコリーを茹でます
小房に分けて、沸騰したお湯で1分ほどでざるにあけます。

2 下味をつけます。
ここがポイントです!
ごまと和える前に下味を漬けておく。

こうすると下味が胡麻の風味をより一層、引き立ててくれます。
また、味も単調にならずに楽しめるのですよ。

下味は、胡麻油と塩をさっとふりかけて混ぜるだけ。

胡麻の味との馴染みが良くなります。

3 最後にすりごま(白でも黒でも)と醤油を適量加えて和えて出来上がり。


ブロッコリーを茹でておけば、ささっと一品作れます。


和え物にむく調味料を考えました


その他、菜の花、ほうれん草、春菊・・・
なんでもオッケーです。

軽く下味をつけてから、メインの味をつけていく。

ちょっとした一手間ですが、試してみてください。


それから味付けで思うのは、調味料の選び方は適材適所を考えてみよう、と。


例えばこの場合、酒やみりんは使いたくないなと思うのです。

酒、みりんはアルコールがあるので、そのまま使うとクセがあります。

アルコール系の調味料は、加熱していく過程で力を発揮できる調味料だと感じます。

またはつけ汁として時間をかけて臭みを抜くなど、時間との共同作業をする調味料かな、と。


和え物を作り、味見をしながらふとそんなことを思った午後でした。

******************

今日はバレンタインですね~

皆さまはいかがお過ごしでしょうか。


なのでチョコレート系の記事にしようかと思ったのですが、午後のアップでは遅い感じがしたので。

一応、チョコレート味のグラノーラを焼いたのですが、思い通りの焼き上がりにならず記事にはしませんでした。

思った味が出せるように、また次回、やり直します!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示