ホーム料理道 ≫ お鍋にもデリカシーをもって接する必要あり?うっかりしてやってしまったこととは?

お鍋にもデリカシーをもって接する必要あり?うっかりしてやってしまったこととは?

20161115 クリステル

お鍋選びで重要視するのが丈夫さ。

多少、手荒に扱っても壊れないお鍋がいいな。

過去に「あ~あ」という経験があるので、大切なポイントだと思っています。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

クリステルはとにかく強い。

焦がしてもリカバリーできる。

ステンレス製のお鍋の魅力は、多少手洗い扱いでも耐えてくれること、かな?


デリケートなお鍋を使うにはデリカシーが必要?


もう10年以上前のことですが、悲しかった思い出があります。

当時、憧れていたル・クルーゼ

おしゃれだし、かわいいし、女の子らしいお鍋です。

ご多分に漏れず憧れて、やっとの思いで手に入れました。

嬉しくて何でもル・クルーゼで料理していました。


ところが、ついうっかりしたことに火をつけっぱなしにしておき放置。

気がついた時にはお鍋の中は焦げておりました。(;_;)


お気に入りのお鍋です。
焦げを取ってきれいにしなくては。

重曹を使って焦げを落としました。

「ふ~、なんとか取れた・・・」

と安心したのもつかの間、鍋の底に見えたのは


ひび割れ


え~、焦がしたくらいで底が割れちゃうの?
何も知らずに焦ってしまった。

そう、ホーロー鍋はデリケートなのです。
扱い方をきちんとしないと、傷つけてしまいます。
物とはいえ、デリカシーをもって接しなければならなかったのです。

ル・クルーゼが悪いのではありません、扱いに繊細さが足りなかった私の責任です。


ステンレス製は扱いが乱暴でも許してくれる


その点、ステンレス製のお鍋は塗装が剥がれる心配がないので安心です。

何度かクリステルでも焦がしたことがありますが、きれいにはがれますし壊れることもありません。

多少の失敗でも許してくれる寛容さがあるのです。

丁寧に扱える性格の方は、最初からデリケートなお鍋でもオッケーです。

しかし、ちょっと心配と思う方はステンレス製からスタートしてはどうでしょう?

******************

ステンレス製は丈夫な分、長く使えます。
だからじっくり選びたい。

ステンレス製のお鍋はたくさんの種類がありますから、いろいろ調べて自分の感性にあったお鍋を探してください。

数あるステンレス製のお鍋の中で、クリステルを選んだのは
・形のシンプルさ
・きちんと入れ子式に収納できること
・買い足し可能なこと
・割りと軽い


そして「ほしい~」と心に響いたこと☆ ここ重要ですね。
長く使うのなら心に響くものがいいです。ときめきと言ってもいいですね。

もう15年以上、使っていますが不満もなく満足して使っています。
いい子ですよ~

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示