ホームからだを保つ ≫ 宇宙飛行士に学ぶ美人さんご飯の基準(2)今日からでもできるシンプルなこと。

宇宙飛行士に学ぶ美人さんご飯の基準(2)今日からでもできるシンプルなこと。

20151225 和食

宇宙飛行士に求められる能力は非常に高いレベルです。
能力だけでなく、自身の健康についても同様です。

日本人・宇宙飛行士の毛利衛さん。
どのような食事で数値を改善したのでしょう?

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


「和食を食べればいい。」

日本に住む私たちには簡単に実行できます。
しかし場所はアメリカ。
和食食材が手に入らない場所でのアドバイスは役に立ちません。

そこで毛利さんは必死に考えたのだと思います。
以下は私の想像です。


和食のような食事にするには?


食材が手にはいらないならば、和食に近い食事にしよう。
それでは和食のエッセンス、本質とはなんだろう?と考えたのだと思います。

食材は
・穀物、豆類
・魚
・野菜
・発酵食品


栄養は
・油脂が少ない
・食物繊維が多い
・ビタミン、ミネラルが取れる


こんな感じでしょうか?

発酵食品や魚は手に入りにくいでしょう。
しかし、豆や穀物、野菜を使った料理なら他の国にもあるでしょう。

彼がたどり着いたのは、メキシコ料理でした。

メキシコ料理は豆やとうもろこし、アボカドトマトなどの野菜も多く使う料理です。

豆やとうもろこしが数値を抑えるために非常に役に立ったと、話していました。


何がリスクで何がヘルスファクターか?


ここから何を学べるでしょう?

何がリスクか、何が健康を増進させるかを端的に表してるお話ではないでしょうか。

まとめると
NASAの栄養士も勧めた和食!
日本に住む私たちが、そのアドバイスを実行しない理由はない。


和食の本質を生かすには
・穀物、豆、野菜を多く摂る
・肉は少なめ
・発酵食品を摂る



シンプルに和食ベースの食事をすることが、健康と内から放つ美しさを作ってくれると読み取れます。


健康な美しさは、地味な積み重ねの結果です。

だからといって、修行僧のような食事をしようとはおすすめしません。
イタリアンもフレンチも確かにおいしいですから。

しかしハレの日、ケの日はきっちり分けて、食べるものを考えてはいかがでしょう?

****************************************

体を大事にして健康的に美しくあってください、というのが私の願いです。

そして健康美を作る一つの要素が食事という信念があります。

そのために少しでも何かヒントになれば、そう思って記事をアップしています。


今日はクリスマス。
ハレの日。

あなたが幸せな気持ちで過ごせていますように。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示