ホームスイーツ ≫ 美人さんに必要な食物繊維たっぷり。おからクッキーを手作りしませんか?

美人さんに必要な食物繊維たっぷり。おからクッキーを手作りしませんか?

20151209 おから

栄養たっぷりのおからを使ってクッキー手作りしてみませんか?

作り方も簡単で、1・2・3ステップです(^^)

簡単に作れる美人さんクッキーです☆

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

おからは豆腐を作るために豆乳を搾った残りです。

おからは別名があります。

おからは「空」に通じるからと縁起を担いて、卯の花(白いので・主に関東)また雪のようなので雪花菜。
それから切らないでも食べられるためにきらず(主に関西、東北)と言います。

卯の花も雪花菜もきれいな名前ですね。
情緒感たっぷりの日本人の心を感じます。


おからが愛されてきて理由


昔から食卓に登場していたおから。
おからからは栄養価も高く、昔から愛されていました。


おからにはどんな栄養があるのかちょっと見てみましょう。

おからの原料は大豆ですね。
大豆に含まれている食物繊維、タンパク質、カルシウムをたくさん含んでいます。
なんて優秀な食材でしょうか☆


そして、ここもポイント。
「安い」

きっとこれが庶民に愛されてきた一番の理由じゃないかしらね?


おからは豆腐を作るために豆乳を搾った残りです。

おからは別名があります。
おからは「空」に通じるからと縁起を担いて、卯の花(白いので・主に関東)また雪のようなので雪花菜。
それから切らないでも食べられるためにきらず(主に関西、東北)と言います。

卯の花も雪花菜もきれいな名前ですね。
情緒感たっぷりの日本人の心を感じます。


今週最後のメニュー解説


昔から食卓に登場していたおから。
おからからは栄養価も高いので、昔から愛されていました。


どんな栄養があるのかちょっと見てみましょう。

おからの原料は大豆ですね。
大豆に含まれている食物繊維、タンパク質、カルシウムをたくさん含んでいます。
なんて優秀な食材でしょうか☆


そして、ここもポイント。
安い

きっとこれが庶民に愛されてきた一番の理由じゃないかしらね?


美人さんのためのおからクッキー


栄養もあって安くておいしい。
三拍子そろったおからを使わないなんてもったいないです。

そこで今日ご紹介するのはおからクッキー。
フードプロセッサーを使うので、とっても簡単にできちゃうのですよ(^^)

市販されているクッキーは砂糖が大量に入っているものが多い。

お菓子についてはこちらを ⇒ 甘いお菓子をやめるなんて無理。やめなくてもコントロールする方法があります。

だから手作りして罪悪感の少ないお菓子を食べませんか?


繊維たっぷりのおからクッキー


それではレシピをご紹介します。

----------------------------------------
■材料
*生地
生おから・・・・・・100g(たっぷり100g!)
キビ糖・・・・・・・25g
メイプルシロップ・・20g

塩・・・・・・・・・小さじ1/4
菜種油・・・・・・・10g
ねりごま・・・・・・10g

*フィリング
オートミール・・・・10g
すりごま・・・・・・10g

*粉
玄米粉・・・・・・・50g
アーモンドプードル・50g
ベーキングパウダー・4g


■作り方1 フードプロセッサーに生地の材料を入れて均一になるまで撹拌する。
  フィリングを加えて軽く回す。
  粉類を加えて全体に混ざるように、パルス(ガッ、ガッと短く回す)する。

2 ラップに包んで15x15cmくらいの大きさにめん棒で伸ばす。
  幅2cmx7cm程度の長方形に切る。

3 160度に予熱したオーブンで25分焼く。
--------------------------------------------------

粉をフードプロセッサーに入れて撹拌し
伸ばして
焼く。

以上が工程です。


今回は玄米粉にして、より体に優しくしました。
もちろん小麦粉でもいいですよ。


おからたっぷり&オートミール&玄米粉なのでお腹にもたまります(^^)
美人さんのための腸内環境にもいいですから、お試しください☆

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示