ホームからだを保つ ≫ 美人さんでいるために腸を整えなくてはいけなり理由とは?

美人さんでいるために腸を整えなくてはいけなり理由とは?

20151130 セロトニン

女性には美人さんでいてほしい。
それだけではなく、明るい周りを照らすような雰囲気を放ってほしい。

だからをきれいにしてほしいと思います。

今回はその理由をお話しますね。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

腸をきれいにすることは、お肌もきれいになるしダイエットにもいいことです。
けれどもメリットはそれだけではありません。

心の状態にも大きな関わりがあるのです。
そのイライラや落ち込み、もしかしたら腸をいたわっていないことが理由かもしれないのです。


幸せ気分はセロトニン


人が幸せ気分を感じるのは脳内伝達物質が関係しています。
幸せホルモンと呼ばれるのがセロトニン
「嬉しい~」「気持ちいい~」の感情を伝えます。

先のNHK杯で世界最高特典を出した羽生結弦さん。
インタビューを受けた時はセロトニンが止まらなかったでしょうね。
興奮のドーパミンも噴出していた感じ。
(見ている方もライブで見られて(TVですが)よかった~とセロトニン出ていました。)


さて、このセロトニンが不足すると、うつや切れやすくなると言われています。

でもセロトニンと腸との関係は?
セロトニンは脳内伝達物質で腸とはつながりがないように見えますが。


腸の役割は消化だけじゃない


腸は消化の器官だというのが一般的な認識です。

ところが腸は、食べ物からセロトニンやドーパミンなどを、食べ物から合成してもいるのです。

幸せホルモンのセロトニンは、卵や魚などに含まれているトリプトファンが原料です。
セロトニンを増やすためにこれらを食べれば、落ち込みから復活できるかといったら、そうではありません。

腸はビタミンの合成もしていますが、腸内環境がよくないとビタミンが作れません。
そのためトリプトファンからセロトニンを作る際のビタミンが不足してしまいます。

幸せホルモン・セロトニンの90%が腸に存在していると免疫学の第一人者・藤田紘一郎博士は言います。

落ち込みやすいと感じていたら、腸内細菌が働いていないことも理由と考えてみてはどうでしょう。


腸内細菌が嫌がる食事とは?


腸内環境をよくするには善玉菌に頑張ってもらわなくてはなりません。

腸が嫌いな食品は活性酸素の多い食品です。
例えば、食品添加物たっぷりの加工品、動物性食品のとりすぎ、カロリーしかない精製度の高い食品などです。

だからこの逆を食べれば、腸内環境が整いセロトニンを作りやすくなります。

食物繊維が多いもの、精製度の低い穀物の多い食事。

前出の藤田紘一郎博士はオリーブオイルを勧めています。
サラダにドレッシング代わりにかけて食べるといいですね。

*****************************

私は心がけていることがあります。
・起きてほしくないことではなく、ほしいことを考える。
・起きたことは全て良いことだと思う。


ところが!
ついマイナスなことばかり考えてしまう時があります。
その時、食べたくなるものって腸が嫌がるものばかりなのですよね。

砂糖の多いお菓子とか。。
油で揚げた安いスナックとか。

う~ん、これって自分で自分を負のスパイラルにはめていることだわ。

気持ちと食べるもの、それから腸内環境はつながっていると体験として思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示