ホーム丁寧な食事 ≫ シンプルライフ的食事とは?丁寧な食事はエネルギーチャージの時間

シンプルライフ的食事とは?丁寧な食事はエネルギーチャージの時間

20150925 シンプルライフ

シンプルライフを目指すなら上質な食事は欠かせないと思います。
スマホをいじりながらジャンクフードを食べている図は美しくないし。。

と、言うことでシンプルライフ的上質な食事を考えてみました。

ためになるブログがいっぱい☆
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

シンプルライフとは? あんずの定義

シンプルライフとは本質的な生き方のことだと思います。

本質的とは現象の奥に隠されている真理のようなもので核というのかな。人それぞれに定義は違いますが、本質をつかんで生きてく事と思います。
そうであれば、食事の本質とはなにか?と考えてみました。

第一に、生命維持できること。
これは動物としてのヒトの要求。

第二は文化的な満足感。心の満足感。
美しさであり、季節を愛でることだとか、一緒に楽しむこととか。

この2つを満たすことが、シンプルライフ的な食事かと思います。


第一 生命を維持できること

生命維持できる食事は幅広いです。地域や民族によっても違いがあります。

しかし動物としてのヒトには大きな特徴があります。それはデンプン分解酵素のアミラーゼが唾液とすい臓からも分泌されるということ。


実はアミラーゼを分泌する動物はそう多くはありません。ヒト、ブタ、ネズミはアミラーゼの分泌量が多い。
しかし牛は少し、馬は0。肉食動物はでんぷん質は食べませんから、不要ですよね。

つまり、ヒトの体を維持するには穀物(でんぷん質)が必要だといえます。


体を正常に維持する食べ物とは、土地と密接に関わっています。
その土地で取れたものを食べるのが、基本であり本質的な意味合いを含んでいるでしょう。今のように世界のあらゆる地域のものが、一年中手に入るのは本来の姿ではありません。(でも文化的には楽しいことです)

ですから、でんぷん質には種類がありますが日本人はお米。
それもできたら精製度の低いお米が体にとって楽な食べ物。


おにぎりを食べた時の安心感と満足感、思い出せますでしょ?
そこにお味噌汁。
そして季節の食材。

これこそ、日本に生きている私達の本質的なメニューではないかしら?
(運動会の時期だし、おにぎりは活躍しそうです。)


第二は文化的な要素

第二は文化的な要素。
ここはセルフイメージと深く関わってくると思うのです。

十分に食べ物がある安定した社会では、より高い満足を求めます。

私は「美しくあること」に満足を求めているように思えます。
美しいことは心地よいから。
そんな自分は高く評価できるから。


だから一人で食事をする時は、プラスチック容器に入っている出来合いのお弁当ですませるのではなく、ちょっと頑張ってなにか簡単なもので、見た目が素敵なものを作ってみたいな。そしてね、さらにもうちょっとだけ努力して、自分をおもてなししてみたい。

キャンドルとか、ワイングラスとか、折敷とか、季節の食材やしつらえで。そしてその時間を十分に感じてリラックスして過ごす。

何だかちょっと、わくわくしません?テーブルクロスとか折敷を使ったら、特別感があるもの。


そんな食事を楽しんだ後は、カップラーメンで済ませた食事よりずっと元気になっているはず。

自分自身を大切にあつかう。
これも本質な視点だと思うのです。

****************

明日は週末です。
一人でも複数でも、そんな時間を過ごしてみてはいかが?簡単なものでも、ちょっとした演出で特別感がだせますから(^^)
元気になれること請け合いです☆

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示